あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

桑田佳祐5年ぶりひとり紅白 3日間で1・5万動員(日刊スポーツ)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

桑田佳祐5年ぶりひとり紅白 3日間で1・5万動員
[元記事]
桑田佳祐(62)が2日、5年ぶりの「平成三十年度! 第三回ひとり紅白歌合戦」最終公演をパシフィコ横浜国立大ホールで行った。
「ひとり紅白」は3回目。桑田が“本家”NHK紅白総合司会の内村光良(54)にちなみ、内村照代に扮(ふん)したオープニング映像が流れると、会場から大爆笑が起きた。
桑田が昭和から平成の名曲100曲以上から55曲を選曲。準備に1カ月かけた。遊び心とともに、エールや感謝のメッセージも込めた。「大きな地震があった北海道の皆さんにエールを」と、松山千春の「大空と大地の中で」と加藤登紀子の「知床旅情」を歌った。
5月に亡くなった西城秀樹さんの「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」も披露した。西城さんが95年のサザンのイベントにオープニング出演した縁もある。若き日の西城さんの映像が流れた後、桑田は観客と一緒になって「Y.M.C.A.」の振り付けをしながら歌った。さらに8月に亡くなった漫画家さくらももこさんのアニメ「ちびまる子ちゃん」のテーマ曲「100万年の幸せ!!」をメドレーで披露した。
法被姿のサザンオールスターズが「特別枠」で登場。全員でSMAPの「世界に一つだけの花」とザ・ドリフターズの「いい湯だな」を歌った。桑田は「ドリフがSMAPを歌う。格好いいね」と笑顔を見せた。
「ひとり紅白」はエイズ啓発活動のAAA(アクト・アゲンスト・エイズ)活動の一環で行ったが、AAAは来年で終了。桑田の同公演も今回で最後となる。
桑田は「大衆とほどよくがっぷり四つに組み、新たな音楽を作り続けていくことを、私は辞めないだろう」と決意表明。原由子(61)が桑田に花束を渡して労をねぎらった。
公演は約4時間。3日間で計1万5000人を動員した。桑田は最後に「もう1曲軽くやろうか」と言い、第9「歓喜の歌」の一部を全員で大合唱。最後まで観客を引きつけた。【近藤由美子】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク