あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

がんになる前から、人生を通じて対話をしよう(BuzzFeed Japan)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

がんになる前から、人生を通じて対話をしよう
[元記事]
あなたは、自分ががんなどの大きな病気になったときに、どういった医療を受けたいか、どんな生き方をしたいか、自分の大切な人と話し合ったことがあるでしょうか?
誰しもが、いつ、どんなときに大きな病気になるかもわからないのに、そしてそういった未来はほぼ確実に来るにもかかわらず、その未来に向けて自分がどう生きたいか、何を大切にして生きたいかを話し合うことを、多くの人が先送りにしていないでしょうか。
そのような、人生の最終段階における医療・ケアについて、本人が家族など大切な人や医療スタッフと繰り返し話し合うことの愛称が「人生会議」に決定した、と2018年11月末に厚生労働省から発表されました。
この「人生会議」、医療用語ではアドバンス・ケア・プランニングと呼ばれます。単に「心臓が止まった時に人工呼吸器をつけるか」「食事が取れなくなったら胃瘻をつけるか」といったことだけを決めるのではなく、その決定をした本人の価値観・死生観などを周囲の人たちと共有することが目的です。
では、このような「人生会議」を行えば、果たして本当にその人の希望がわかるようになるのでしょうか?
【寄稿:西智弘・緩和ケア医、腫瘍内科医】

Aさんは、78歳の男性。最近、腰が痛いということで精密検査を受けたところ、すい臓がん・肺転移と診断されました。
すぐに大学病院に紹介されたAさんは、腫瘍内科医から抗がん剤治療を勧められ、それに同意しましたが、
「すい臓がんで、それが全身に広がっているってことは、そんなに長くないということでしょう。今のうちから、地元で何かあった時にかかれる病院も探しておきたい」
と、主治医に希望し、当院を紹介されてきました。
Aさんは元々、とある省庁の官僚として勤められた方で、退職したのちも地元議員の後援をするなど、精力的に活動されていた方です。そして、近郊に大きな邸宅を構える名家の出身でもあり、地元が誇る名士の一人でした。
「先生、私は大学病院ですい臓がんと言われました。肺に散らばっていて、根治の見込みはないそうです。その大学病院の先生は信用していますが、なにぶん遠方で、何かあった時に心配です。できれば、こちらにも通わせてもらって、いずれはホスピスのお世話になりたい」
「よろしいですよ。では、大学病院で抗がん剤治療を受けてもらいながら、私の外来にも時折通っていただく形で良いですか?」
私の外来に来た時には、大学病院から処方された薬で痛みもなく、困っていることは何もありませんでした。私は1ヶ月に1度Aさんに来て頂き、大学病院での治療の様子や副作用などについてお話をすることにしました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク