あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

激化する「奨励会」女流棋士の戦い 伊藤沙恵女流二段「タイトルを取らないといけない」(AbemaTIMES)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

激化する「奨励会」女流棋士の戦い 伊藤沙恵女流二段「タイトルを取らないといけない」
[元記事]
 男女の区別がない将棋のプロ棋士育成機関である「奨励会」。編入試験という別ルートはあるものの、ほとんどの棋士がこの奨励会を経由して、プロの門をたたく。奨励会は三段までで、四段昇段を果たすと晴れてプロになれるが、年にわずか4人しかなれない狭き門だ。ここで奮闘する女性が年々増えている。かつて奨励会に所属していた伊藤沙恵女流二段(25)は、在籍時は高見太地叡王(25)、佐々木勇気七段(24)、三枚堂達也六段(25)といった若き実力者たちと少年少女時代に、互角に勝負してきた。「タイトルを取らないといけない」と、強い自覚を持つ伊藤女流二段の目標は実に明確だ。
 現在、女流棋界の頂点に立つのが里見香奈女流四冠(26)。今年3月に年齢制限のために退会するまで、奨励会・三段リーグでプロ棋士になるための戦いを繰り広げていた。若き才能が集まる場所だけに、プロ入り前の三段とはいえその実力は十分で、プロ入り直後に高勝率を残すことは珍しくない。それゆえに三段リーグでもまえた里見女流四冠が、女流棋界でトップを走っていても、なんら不思議ではない。

 他の女流タイトルを見渡しても、保持者や挑戦者には奨励会員や経験者の名前が並ぶ。西山朋佳女王(23)も奨励会三段。西山女王の前にタイトルを持っていたのは加藤桃子奨励会初段(23)で、計8期のタイトル経験がある。タイトル2期の香川愛生女流三段(25)も奨励会経験者。この状況に、同じく奨励会経験者ながらまだ無冠の伊藤女流二段は「周りの奨励会在籍している方たちが、タイトルを取られるという成績を残されているので、奨励会に在籍していた身としては、タイトルを取らないといけないというか、周りの目もありますね」と、プレッシャーも感じるという。
 実際、奨励会時代には加藤初段ともよく指した。「勝ったり負けたりで、将棋を離れるとすごいにこやかで、明るいいい子なんですけど、盤を目の前にすると一変して、勝負師の顔になりますね。負けたくないなという気持ちはありますね」。身近にいたライバルが活躍しているからこそ、自分も肩を並べたいという思いは強い。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク