あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

児童相談所をどうすればいいか、子ども主体で考えてみませんか?(BuzzFeed Japan)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

児童相談所をどうすればいいか、子ども主体で考えてみませんか?
[元記事]
東京都目黒区で、5歳だった女の子が両親に虐待され、死亡した事件。10月に発表された専門委員会による最終報告書では、児童相談所の対応の問題点が10項目、指摘された。虐待をなくすために社会の仕組みをどうつくっていけばいいのか。認定NPO法人チャイルドファーストジャパン理事長の山田不二子さんに、社会的擁護啓発プログラム「こどもギフト」に取り組んでいるイラストエッセイストの犬山紙子さんが聞いた。【BuzzFeed Japan / 小林明子】
犬山 児童虐待のニュースを聞くたび、胸が押しつぶされそうになります。悲惨な事例にフォーカスされ、ひどい親だ、児童相談所の怠慢だ、警察の介入を、といった議論になりがちですが……。
山田 虐待の中に犯罪が含まれていることについては、疑問を挟む余地はありません。毒物や凶器が使われるケースもあれば、子どもが死亡する例もあります。
ただ、身体的虐待、心理的虐待の場合、他人の子にした場合はその親が怒って訴えるような行為であっても、我が子にした場合は処罰の対象にするか否か、判断が分かれるものもあります。
市区町村の子育て支援センターなどが相談に応じればよいケースもあれば、介入的な調査が必要なケース、児相が一時保護すべきケース、警察が捜査すべきケース、いろいろな水準があります。「虐待」という一言で十把一絡げにできるものではないのです。虐待=すべて犯罪という議論になっていることが問題だと感じます。
犬山 児相や警察が関わっていたケースも多いので、なぜ助けられなかったのか、と思ってしまいます。
山田 子ども虐待は基本的に家庭の中で起こり、家族の中に加害者と被害者がいます。福祉には本質的に、家族を壊さずになんとか再生させていきたいという考え方があります。
児童福祉は、子どもと家族を支援して、親子関係を修復し、子どもが家族の元で安全に暮らせるようにすることを職責とします。しかしその中には、加害者を処罰するなどの抑止力を行使していたらこの子を救うことができたんじゃないかというケースもあるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク