あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

母がたばこを吸っていて…肺がん患者が語る“受動喫煙” 年間1万5000人死亡のワケ【北海道発】(FNN PRIME)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

母がたばこを吸っていて…肺がん患者が語る“受動喫煙” 年間1万5000人死亡のワケ【北海道発】
[元記事]
「私の母が非常に喫煙者で、小さい頃から母の出すたばこの煙を追いかけて捕まえるっていうのが、一つの楽しい遊びなぐらいだったので。もしかしたら(肺がん)? って…。」【画像】「因果関係は確かにある」と強調する医師も…このように話すのは、札幌市内の耳鼻咽喉科クリニックで事務長を務める國分裕子さん(51)。國分さんは、5年前、初期の肺がんと診断され、その時、頭を過ぎったのは幼い頃の「受動喫煙」だったと言う。
國分裕子さん:
3歳くらいから小児ぜんそくと言われて、どんどんひどく、寝てられないくらいひどい状態。ゼーゼー言って、溺れるみたいにすごく苦しいんですよ。
朝になると母親におぶられ、近くの小児科で処置をしてもらう毎日。ぜんそくは中学生頃まで続いたという。
國分裕子さん:
地獄のような…溺れるような毎日で、もうこんなのが続くのが嫌だって思って、ある日、大きなぜんそくが起きた時に、押入れに閉じこもった。
死んでしまいたい―。押入れで失神しかけた時、母親に助け出された。
國分裕子さん:
これ以上(受動喫煙で)苦しむ子どもを作りたくない。自分の体験って受動喫煙に沿った体験だと思うので、副流煙の中に子どもを置くのは、子どもの体の中に『病気の種』をまくのと同じ。
今すぐたばこがなくなるのは無理だと思うんです。そこにストレス発散のはけ口をそこに持っていく人もたくさんいますし、それぞれ自由なのでそれは致し方ない。なので、新しく生まれてくる子どもたち、新しい子どもたちがたばこを吸わないこと。それでゆっくりゆっくり変わっていくしかないと思います。

家庭での受動喫煙と病気の関係は―。KKR札幌医療センター 呼吸器内科の磯部医師は、無防備な子どもへの深刻な健康被害に警鐘を鳴らす。
KKR札幌医療センター 磯部宏医師:
赤ちゃんの時にたばこに接すると、ぜんそくだとか、呼吸器の疾患が多くなるっていう因果関係は確かにある。特にお母さんが吸っていると、(喘息様気管支炎になる割合は)4.5倍とか跳ね上がるデータがありますので、かなり影響すると思います。
子どもへの健康被害だけではない。受動喫煙による死者は、交通事故の死者よりも多い年間約1万5000人。そのうち2割は「肺がん」だ。
磯部宏医師:
ご主人がたばこを吸わない奥さんと、ご主人がたばこを吸う奥さんを比べた場合、ご主人がたばこを吸っていると2倍近く、がんになるデータも出ています。やはり受動喫煙によって、肺がんの(発症)確率が高くなるのは間違いない。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク