あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

ブラック教師、大学のコンプラは変わるのか? 柴山文部科学大臣に直撃インタビュー(FNN PRIME)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ブラック教師、大学のコンプラは変わるのか? 柴山文部科学大臣に直撃インタビュー
[元記事]
2020年に行われる教育大改革に向けて、ブラック職場と化している教師の働き方改革は?そして東京医大の不正入試や日大アメフト問題で浮かび上がった大学のコンプライアンス問題は?学校教育の司令塔、柴山昌彦文科大臣に、編著「2020教育改革のキモ」をもつフジテレビ解説委員鈴木款が直撃インタビューした。【写真】ブラック教師をどうする?柴山文科相

ーー教師の働き方改革についてお伺いしたいと思います。いま教職員の職場がブラック職場と言われていて、長時間労働が問題になっています。その要因の一つとして、放課後や土日に行われる部活動があげられますが、これについてどう思いますか?
柴山文部科学大臣:
いまブラックという言葉を使われましたが、そういったイメージが教師を志す学生さんたちに非常に大きく影響して、志望者が減っているというような実態があるわけですね。成り手がいなくなれば、また教師の負担が増えてブラック化が進むという悪循環になってしまっていると思います。それがもたらすものが、学校教育の質の低下ということになってしまうわけですから、まさしく働き方改革は喫緊の課題です。
まずは定数の問題もありますけど、教師でなければできない業務以外の多くの仕事を教師が担っている現状を、抜本的に変えることが何よりも重要です。現に中教審の答申素案においてもそういった問題意識の下で、勤務時間管理の徹底ですとか業務の明確化・適正化、そのための組織運営体制の見直し等々、提言がされているわけです。それによって文部科学省としてもしっかりしたメッセージを出さないといけませんし、部活動もスクラップ・アンド・ビルドをしていかなければいけないと思っています。
ーー部活動のアウトソーシングについてどうお考えですか?
柴山大臣:
部活動のアウトソーシングは、私は有意義な取り組みではないかなと思っています。実技指導の専門性がある外部人材を、学校職員として積極的に参加させるためにはどうしたらいいんだろうということで、平成29年度に「部活動指導員の制度化」を行い、また今年度からは「部活動指導員の補助事業」も実施をしています。部活動のガイドラインの策定を、今年3月に運動部、今年12月下旬に文化部で予定していますが、学校と地域がしっかり役割分担して部活動指導のための改革をしていくんだという内容にしています。そういうことも含めて、地域で部活動に代わりうる活動の機会を得るという先進的なモデルも、検討を進めていきたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク