あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

菅田将暉、デビュー10周年記念本が発売!山田孝之、小栗旬らとの企画も(シネマトゥデイ)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

菅田将暉、デビュー10周年記念本が発売!山田孝之、小栗旬らとの企画も
[元記事]
 菅田将暉の俳優生活10周年を記念したアニバーサリーブックが、菅田の26歳の誕生日でもある2019年2月21日に発売されることが決定した。そのタイトルは「誰かと作った何かをきっかけに創ったモノを見ていた者が繕(つくろ)った何かはいつの日か愛するものが造った何かのようだった。」。菅田と太賀、二階堂ふみ、山田孝之、小栗旬といった俳優陣との企画も収録される。『銀魂』では菅田将暉オーラ封印!【写真】 発行するワニブックスの俳優本史上最長となる55文字の個性的なこの本のタイトルは、菅田自身がつけたもの。2009年に特撮ドラマ「仮面ライダーW(ダブル)」で俳優デビューして以来、映画『共喰い』や『帝一の國』、『銀魂』シリーズなどさまざまな作品に出演し、若き実力派として知られる菅田のこれまでとこれからが詰まった1冊となる。

 菅田のロングインタビューに加え、太賀、二階堂、山田、小栗らとの企画によって菅田の魅力が切り取られる。太賀が撮り下ろす「菅田将暉 in ハワイ」、二階堂と制服を着ての「アフタースクール as 高校生」、仲間達と衣裳作り&シューティング、山田と即興スプレーアート、そして小栗が「BAR小栗」のマスターとなって菅田にインタビューするなど、充実の内容。また、各パートのメイキング風景や、菅田のインタビューも収録した約75分にも及ぶDVDが付属する。

 菅田はこの本について「経過した10年を一言にまとめることはできず、振り返ればこのような長くくどいタイトルになってしまいました」と切り出すと、「中身も同様に、この10年で出会った人との過去や未来について語り、写し、これまたくどい内容になっております。全て読み倒し、散らばった想いを拾い集める猛者は現れるのでしょうか。ある種の挑戦状のような本が完成しました。ぜひご堪能下さい」と語った。(編集部・小山美咲)

菅田将暉アニバーサリーブック「誰かと作った何かをきっかけに創ったモノを見ていた者が繕(つくろ)った何かはいつの日か愛するものが造った何かのようだった。」は2019年2月21日発売 限定版:5,000円 通常版:3,024円

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク