あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

(社説)パワハラ防止―実効性ある取り組みを(朝日新聞デジタル)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

「生きているだけで石投げつけられた」でもいまは……脳性麻痺の男性、仲間と綴った「生き様ソング」
[元記事]
 職場でのパワーハラスメント(パワハラ)について、事業主に防止措置を義務付ける法整備を求める報告書を、厚生労働省の審議会がまとめた。同省は来年の通常国会に関連法案を提出する方針だ。
 セクハラや、妊娠・出産した女性へのマタニティーハラスメントは、男女雇用機会均等法で企業に防止措置を義務付けている。だが、パワハラは自主的な取り組みに委ねられてきた。今回、法制化に踏み出すことは前進だ。職場からパワハラをなくす一歩としたい。
 パワハラは人の尊厳を傷つける許されぬ行為だ。職場環境を悪くするだけではない。被害者の休職や退職、自殺といった深刻な事態を招くこともある。…… 本文:965文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク