あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

「天声人語 2018年12月20日」(朝日新聞デジタル)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

「生きているだけで石投げつけられた」でもいまは……脳性麻痺の男性、仲間と綴った「生き様ソング」
[元記事]
 風船爆弾は、第2次大戦末期に日本軍が作った兵器である。和紙でできた巨大な気球の数々が、米国本土へと放たれた。山火事を起こし、社会を攪乱(かくらん)する狙いだった。神奈川県の陸軍登戸研究所で開発された▼跡地を取得した明治大学の資料館に当時の写真などがある。風任せの兵器がどこまで目的を果たしたのか分からぬが、約9千個のうち300個超が届いたとの記録もある。研究所では中国に偽札をばらまき、インフレを起こす謀略も練られたという▼裏から他国の社会を混乱させる。そんなやり方が今あるとすればコンピューターと情報通信の世界か。…… 本文:609文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク