あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

1人で行くと危険、クリぼっち向け「危険・安全地帯MAP」が話題(AbemaTIMES)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

1人で行くと危険、クリぼっち向け「危険・安全地帯MAP」が話題
[元記事]
 人気ニュースサイト「トゥギャッチ」が作成したある“地図”が話題になっている。
 トゥギャッチが作ったのは、クリぼっちに捧ぐ東京近郊の「クリスマス危険・安全地帯MAP」。地図上に、「危険・死ぬ」場所がワニで、「安全・安寧」な場所がウサギのマークで示されている。
 「危険・死ぬ」場所は、ラブホ街のイルミネーションがいかがわしく、突然ラブホに消えるカップルがいる「五反田」(危険度70%)、人間よりも年収が高そうな小型犬が我が物顔で歩き、高所得な家族連れや幸せそうなカップルとエンカウントする「二子玉川」(危険度80%)、“富と権力の象徴”高級タワーマンションや巨大クリスマスツリー前で自撮りするカップルの中を歩くのは、ドラクエの勇者が毒の沼を突き進むのに等しい「恵比寿ガーデンプレイス」(危険度90%)など。

 一方の「安全・安寧」な場所は、イルミネーションを見たくない人にお勧め、下町のニオイと平均年齢50歳以上のオーラが充満する「アメヤ横丁」(安全度80%)、駐車場にはイルミネーションがあるが、警備員しか見ていない。純粋に電飾の美しさを楽しめる「板橋イオン」(安全度80%)などとしている。
(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク