あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

アダム・スミスにアポロ8号も、歴史を支えていたのは“クリぼっち”だった?(AbemaTIMES)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

アダム・スミスにアポロ8号も、歴史を支えていたのは“クリぼっち”だった?
[元記事]
 幅広い知識を検定する「知識検定」が、「クリぼっち偉人史」を公開した。これによれば、“歴史はクリぼっちに支えられていた”といい、教科書に載っている偉人たちのクリぼっちエピソードが紹介されている。

 例えば、1723年に生まれたイギリスの経済学者アダム・スミスは「死ぬまでフラれ続けたとされている」と紹介。1777年、イギリスの海洋探検家のジェームズ・クックについては、クリスマスシーズンも航海し、丁度イブの日に到着した太平洋の小島に「クリスマス島」と命名。1968年、アポロ8号についても、イブの日に人類史上初めて月を周回する軌道に乗ったとしている。
 歴史を動かした天才は、周りの目を気にせず突き詰めていたのかもしれない。
(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク