あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

クアルコム、「Snapdragon 855」を発表(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

クアルコム、「Snapdragon 855」を発表
[元記事]
 クアルコムは12月4日(現地時間)、ハワイ州マウイ島で開催している「Snapdragon Technology Summit 2018」で、次世代のチップセット「Snapdragon 855」を発表した。詳細は5日に明らかにされる予定。【この記事に関する別の画像を見る】 同社では、AT&T、EE、Telstra、Verizon、Ericsson、Samsung、Motorola、NETGEAR、Inseegoとともに5Gのネットワークや対応機器が商用化の段階に入ったことを宣言。同イベント内でも実際に5Gネットワークを稼働させ、5G対応のモバイルデバイスが披露された。
 クアルコムのCristiano Amon社長は4日の基調講演において、2019年早々に5Gの商用化が始まるとした上で、最新のチップセットとなる「Snapdragon 855」や5Gモデムの「X50」、スマートフォンへの実装の鍵となるミリ波アンテナモジュール「QTM052」の組み合わせにより、5G対応のデバイスの開発をサポートすると説明した。
 Senior Vice President and General Manager, MobileのAlex Katouzian氏は、Snapdragon 855の概要を説明。同氏によれば、4世代目となるAIエンジンが前世代比で最大3倍に性能が向上したという。あわせて、ディスプレイ内蔵の指紋認証を超音波で行うソリューション「3D Sonic Sensor」も発表された。
 Snapdragon 855搭載製品については、Samsung Electronics Americaが、X50と組み合わせたフラッグシップ5Gスマートフォンを2019年前半に米国で発売することを明らかにしている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク