あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

年女で「猪突猛進」? 片山さつき“女性活躍担当大臣”としての手腕は(FNN PRIME)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

年女で「猪突猛進」? 片山さつき“女性活躍担当大臣”としての手腕は
[元記事]
今の内閣で唯一の女性閣僚であり、何かと話題の片山さつき地方創生担当大臣。12月21日の記者会見では、亥(いのしし)年で年女となる2019年への抱負について次のように述べた。【写真】大蔵省入省当時の若き日の片山さつき大臣を見る「この年齢になると年女になるのも大変なショックだ。猪突猛進どころではなく、1周回るところを何周も回るイノシシにならないといけない」
片山大臣は入閣して以降、政治とカネの問題などで野党の追及を受ける一方、地方創生と規制改革の目玉として、AIなどを活用した最先端都市「スーパーシティ」の実現に力を入れている。周辺は「スーパーシティに関することが(頭の中の)半分くらいは占めているようにみえる」と評している。
そんな片山大臣だが、もうひとつ、唯一の女性閣僚としても重要な大臣としての肩書きがある。それが「女性活躍担当」だ。

片山氏は安倍首相から入閣内定の電話を受けた翌朝、次のように女性活躍担当大臣としての意気込みを語った。
「総理からお電話があって、地方創生そして規制改革さらに女性活躍推進ということで、発信力を生かして頑張ってほしいというご指示があった。働く女性はみんないろんな苦労、いろんな両立を抱えている。その目線を忘れずに細かいことから大切にしたい」
さらに、“唯一の女性閣僚”となったことについて、「責任重大かもしれませんが、意外と気にしません。23年間、どこに行っても女は独りというところでやってきたので」と強気の言葉を口にした。
この「23年間」というのは、片山氏が1982年に旧大蔵省(現・財務省)に入省してから、2005年に国会議員に転身するまで、「女性官僚」として仕事をしてきた期間を指す。

女性活躍担当大臣としての歩みを始めた片山氏だったが、就任後の会見で問われたのが、奇しくも片山大臣の大蔵省入省同期である、福田前財務次官のセクハラ問題による辞任についてだった。
片山氏は「大変ショックを受けたし、あってはならない。セクシャルハラスメントを根絶すべく、私の今の立場から全面的に発信してまいりたい」と語り、「セクハラ根絶」を高らかに掲げた。
しかし、それに水を差す問題が発生してしまった。「セクハラ防止ポスター問題」だ。
困惑した表情の俳優・東幹久さんが「これもセクハラ?」という声を上げているポスター。これは片山氏が所管する内閣府が女性に対する暴力をなくす運動の一環として作成したものだった。
しかし国民からは「『この程度でもセクハラなんだ』という男性側の戸惑いしか伝わってきません」「これを見て(セクハラ)防止だって思う人っているんですかね」といった厳しい意見が寄せられた。
片山大臣は11月の記者会見でこのポスターについて追及されたが、「私が来たときにはもう物がほぼできた状態だったという後に人事異動がありましたので、政務三役が一言一句見た状態ではございません」と、自分の預かり知らぬところで作られたものであり、自らが掲げるセクハラ撲滅の出鼻をくじかれたと言いたげな答えだった。しかしこのままで終わらず、一言加えるのが片山氏らしいところだった。
「より伝わりやすく・わかりやすくするにはどうしたらいいか、(中略)効果があるようにしていくために、皆さんメディアの方も含めて色んなご意見を伺えるきっかけになればと思っております」と批判を前向きに受け止め、今後改善していく方針を示した。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク