あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

アイドルの私が突然、車いすに「もう、需要がない…」復帰までの日々 社会の「段差」とステージでの涙(withnews)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

アイドルの私が突然、車いすに「もう、需要がない…」復帰までの日々 社会の「段差」とステージでの涙
[元記事]
 障害って生まれつきのものだと思っていませんか? ある日突然、事故による怪我で……。そんな出来事を経験した女性がいます。彼女の職業はアイドル。脊髄(せきずい)を損傷して車いす生活となり、リハビリを続ける日々に「アイドルとしての需要がなくなるのでは」と思ったことも。「あきらめる」にあらがった彼女が教えてくれたものは……。地下アイドルグループ「仮面女子」の猪狩(いがり)ともかさん(27)に、ステージに復帰するまでの歩みや今の思いを語ってもらいました。(朝日新聞文化くらし報道部記者・岩井建樹)【写真】つらいリハビリ、車いす姿で始球式…涙の復帰を果たしたアイドル・猪狩さんの日常を切り抜きました

 12月上旬、猪狩さんと会いました。手には、もちろん仮面女子のトレードマークであるホッケー用のマスク。「車いす生活となって、見える世界は変わりましたか?」と尋ねると、「温かい人もたくさんいるけど、そうでない人もいるんだなって思いました」と言いました。
 「鉄道の駅って、車いすが通ることができる広い改札が少ないんです。私が、そこを通ろうとしているとき、前方からずかずかと入ってくる人がいます。目の前にいる私のこと、見えているはずなのに……。そうなると、私はそこしか通れないので、待つしかありません。もちろん譲ってくれる人もいますが、そうでない人もいます」
 「事故前には意識していませんでしたが、街には段差がたくさんがあることに気づきました。あるファストフード店に入ろうとしたとき、段差があってあきらめたことがあります」

 猪狩さんの人生を一変させた事故は、都心で強い風が吹いていた4月11日に起きました。猪狩さんはダンスのレッスンに向かうため、東京都内の路上を、一人で歩いていました。
 「左から何が降ってくるのが見えました。あっという間に、案内板の下敷きになりました。とにかく息苦しくて。通行人が案内板を持ち上げ、救急車を呼んでくれました。仰向けにしてもらうと、腰に激痛が走って、『痛い、痛い』と叫びました」
 足や胸の骨折に加え、脊髄を損傷。猪狩さんは、昨年2月に仮面女子の正規メンバーに選ばれたばかりで、アイドルとして軌道に乗り始めた矢先の事故でした。
 「主治医の先生から、脊髄を損傷して、足がマヒしていると説明を受けましたが、数カ月すれば治るのかなと思っていました。でも、ネットで「脊髄損傷」と検索したり、周りの人の言動を見たりして、『足は治らない可能性が高いのだろうな』と思いました。母に確認すると、『うん』と」
 「最初に考えたのは、ライブのことでした。自分にはもう、アイドルとして需要がないんだろうなって。やめようとは思いませんでしたが、『どうしよう、どうしよう』って思っていました」
 悩んでいた時、猪狩さんは兄から「車いすに乗っていても人を幸せにしたり、元気にしたりできるよ」と励まされました。復帰の決断に向け、多くの人に背中を教えてもらったと言います。
 ほかにも、たくさんの人に支えられました。父からは「人を明るくすることができる子だから、どんな形であっても、それを続けてほしい」、事務所のスタッフから「猪狩が前向きに強く生きる姿を見せることで、たくさんの人を救えるんだよ」と言葉をかけてもらいました。ファンからも、手紙やTwitterで励ましてもらいました。
 でも、リハビリは、つらい日々だったと振り返ります。
 「一番始めに車いすに乗ったときは、冷や汗がドバドバ出て、気持ち悪くなってしまいました。リハビリ中に、めまいがして、目の前が真っ暗になることも何度もあって……。『もう嫌だー』って、泣いていました」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク