スポンサードリンク

暖房器具の火災 “7割”は電気ストーブ 「光」ではなく「火」の意識で命を守れ(FNN PRIME)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

暖房器具の火災 “7割”は電気ストーブ 「光」ではなく「火」の意識で命を守れ
[元記事]
年の瀬になって、本格的な寒さがやってきた。
暖房器具の使用が増え、空気が乾燥することから火災が増えてくるこの時期。身を守るためにはどうすればいいのか。【画像】命取りになりえる ? 私たちの間違った?危機意識東京消防庁で、火災予防に携わってきた染谷亮太消防司令補、火災の原因調査の経験豊富な星野嘉彦消防司令補の2人に聞いた。

ーーこの時期増える火災はどんな原因が多いのですか?
星野さん:
通年で多い寝たばこなど火災の原因はさまざまですが、冬場はやはり暖房器具が原因の火災が多くなります。
染谷さん:
暖房器具が原因の火災でここ数年多いのは、電気ストーブです。
平成29年中の暖房器具が原因とされる火災のうち7割が電気ストーブに起因する火災となっています。
この10年で見ても電気ストーブが原因の火災は毎年100件前後、7割前後で推移しており、注意が必要です。
暖房器具が原因とされる火災の7割は「電気ストーブ」が原因だという。
石油ストーブではなく電気ストーブ。
意外に思えるが、その「意外」に思う心が命取りになるかもしれない。

染谷さん:
就寝中に寝がえりをうった拍子に電気ストーブに触ってしまいそのまま気づかなかったり、近くで洗濯物を干してそれが落ちて燃えてしまったり、着火物から10センチ離れていても火災になってしまった例もあります。
利用者に「石油ストーブに比べると安全なもの」という認識があって、危機意識が低いというのも原因なのかもしれません。
星野さん:
石油ストーブだと燃えているのが見えるので、ある程度周りをきれいにして燃えるようなものを置かないようにする方が多いのですが、電気ストーブは普及してきて、“あって当たり前”が多くなっています。
しかも石油ストーブなどのように実際に炎が出るのではなく、一見光っているだけのように感じます。
それも危機意識を低くさせてしまう一つの要因かもしれません。
メーカーさんも対策を考えて、倒れたりすると止まる、というようなシステムになってきているのですが、意外と動くことが多い。
体が当たって向きが変わってしまうことなどがあります。
それによってベッドやいすに接触して火災の原因になるということもあります。
東京都生活安全局によるアンケートでも「火災の危険が高いと思うストーブは?」との問いに、80.1%の人が「石油ストーブ」と答えたのに対し、「電気ストーブ」と答えた人はわずか4.2%だった。
星野さんと染谷さんは当たり前のこととしながらも、改めて注意を呼び掛ける。
染谷さん:
布団など燃えやすいものを周囲にはおかない、その場を離れるときはスイッチを切る、こまめにコンセントを抜くなどです。
なにより『電気ストーブでも火災を起こしてしまう危険性がある』という意識を持ってほしいです。
この冬の火災予防は私たちの「意識」にもかかっている。
(お話を伺った方々)
星野嘉彦 消防司令補(東京消防庁予防部調査課原因調査係) 
 今年7月に発生した東京・多摩市の建設現場火災の現場に原因調査官として入るなど火災の原因調査の経験豊富
染谷亮太 消防司令補(東京消防庁予防部調査課資料係)
 池袋など繁華街が多い地域で、主に新しく建設される商業ビルや住宅などの建物に関する火災予防を担当。外部機関への出向を経て30年4月より現職。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク