あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

Dropboxの魅力とは

スポンサードリンク


Dropboxというのはオンラインストレージサービスの一つです。

このオンラインストレージサービスというのは、画像や文書等のファイルをパソコンから別のパソコン、スマホ、タブレットなどにアプリケーションをインストールするだけで同期転送できる大変便利なサービスです。

ビジネスだけでなく、思い出写真やちょっとしたメモもすぐに同期させてスマホで簡単に見られるように出来ます。
逆にスマホ内のカメラロールに保存されている画像もDropboxと同期させると自動でアップロードされるので、
バックアップ機能としても大変役立ちます。

利用するのはとても簡単で、メールアドレスさえあれば誰でも無料で2GBから利用し始める事ができます。

少ないと思われますが、Dropboxは無料でも友どち紹介などでどんどん容量を大きく出来るので
最大50GBになったりもできます。

個人利用ではなくビジネス用途としてアップグレードも出来ます。
そうすると1TBという大きな容量を使えます。

Dropboxはオンラインストレージサービスの中でも比較的有名で安心安全そして安定しており、
利用者は日本国内でも多く色んな利用方法をまとめたサイトが点在して困る事がないサービスでもあります。

スポンサーリンク

Dropboxの魅力

Dropboxの魅力の一つは、無料でも友どち紹介や色んな方法を使えば何GBでも増やせるという所です。

最初は少なめですが、ツイートしたりしているのその都度使える容量が増えていきます。
なので、他のオンラインストレージよりも無料で多く使える可能性もあります。

そしてDropboxの最大魅力は、その便利さです。

アプリをインストールしてログインしたらすぐに使える。という点です。
パソコンのファイル整理をする感覚でファイルをアップロードできます。
もちろんフォルダにまとめてあるのも。

それだけでなくZIPファイルも上げられるので、普通にメールで転送するよりも楽に送れたりもします。

スマートフォンからもカメラロールと同期させると自動でアップロードされます。
なのでカメラロールの画像のバックアップも簡単に出来てしまいます。

スマートフォンアプリも使いやすく、レビュー評価もとても高いです。

その他にもDropboxには他のオンラインストレージにはない魅力が沢山あります。

ビジネス用途なら更に多きな容量を使えるというのもあります。

あとオンラインストレージサービスで1番求められている安定性も魅力の一つです。
オンラインストレージサービスというのはとても不安定で、閉鎖や中身が勝手に削除される。というのは日常茶飯事です。
ですがDropboxでは今の所そういうものはありません。

同期もスムーズに出来ますし、何よりもその利用者や利用企業の数からして閉鎖というのは考えられません。
なので安心して使えるのも魅力の一つです。

あとDropboxにはファイルのバージョン履歴機能というのがあって、

30日以内なら

変更内容や、以前のバージョンのファイルの情報がわかってしまうのです。

あっ、間違えてファイルを削除してしまっても、
30日以内ならファイルを復元できてしまうという優れものなのです。

DropboxとGoogle Driveの比較とメリット、デメリット

オンラインストレージといえばGoogledriveもGoogleというブランドがあって大変人気です。

Dropboxと容量を比較してみると、無料ですぐ使えるという点ではGoogledriveの方が大きいです。
Dropboxが最初2GBに対してGoogledriveは15GBです。

使いやすさもGoogledriveもアプリをインストールしてすぐ使えますし、
Dropbox同様フォルダ管理する感覚で出来るので差はそれほどありません。

ですが、双方利用して分かるのがアップロードの遅さです。

Dropboxは素早くアップロードされるのに対し、Googledriveはアップロードがとても遅いです。

同じ光通信なのにサーバーの影響なのか、遅さの違いがあります。
それはスマートフォンの画像表示も同様です。

Dropboxのスマートフォンアプリはすぐに画像をサムネイル表示してくれますが、
Googledriveのスマートフォンアプリはとても遅いです。

あのGoogleらしくないほどに。

それにGoogleはアメリカの法律基準でダメな画像などは勝手に消される恐れがあります。
もちろんそれはDropboxも同じですが、Googleはその辺り信用度低いです。

ですがGoogledriveはGoogleブランドなので、絶対に閉鎖しない。という安心感はあります。

3. DropboxとGoogle Driveの比較とメリット、デメリット

オンラインストレージといえばGoogledriveもGoogleというブランドがあって大変人気です。

Dropboxと容量を比較してみると、無料ですぐ使えるという点ではGoogledriveの方が大きいです。

Dropboxが最初2GBに対してGoogledriveは15GBです。

使いやすさもGoogledriveもアプリをインストールしてすぐ使えますし、Dropbox同様フォルダ管理する感覚で出来るので差はそれほどありません。

ですが、双方利用して分かるのがアップロードの遅さです。

Dropboxは素早くアップロードされるのに対し、Googledriveはアップロードがとても遅いです。

同じ光通信なのにサーバーの影響なのか、遅さの違いがあります。

それはスマートフォンの画像表示も同様です。

Dropboxのスマートフォンアプリはすぐに画像をサムネイル表示してくれますが、Googledriveのスマートフォンアプリはとても遅いです。

あのGoogleらしくないほどに。

それにGoogleはアメリカの法律基準でダメな画像などは勝手に消される恐れがあります。

もちろんそれはDropboxも同じですが、Googleはその辺り信用度低いです。

ですがGoogledriveはGoogleブランドなので、絶対に閉鎖しない。という安心感はあります。

健全な画像や文書ファイル同期だけで、無料で多くのファイル保存したいなら
Googledriveもいい選択肢の一つです。

でもDropboxにはバージョン履歴機能がありますが、Googledriveにバージョン履歴機能はありません。

ユーザーに安心なのがDropboxなのです。

こちらからDropboxにご招待します

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする