スポンサードリンク

アステリアの「ASTERIA Warp」、弁護士ドットコムのクラウド契約サービス「クラウドサイン」と連携可能に(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

NTTデータ イントラマート、業務プロセス管理ツール「IM-BPM プロセスデザイナ(デスクトップ版)」を無償提供
[元記事]
 アステリア株式会社と弁護士ドットコム株式会社は19日、弁護士ドットコムのクラウド契約サービス「クラウドサイン」と、アステリアのEAI/ESB製品「ASTERIA Warp」が製品連携すると発表した。
 クラウドサインは、契約書の作成から締結、保管をWeb上で行える電子契約サービス。一方のASTERIA Warpは、異なるコンピュータシステムのデータを連携可能にするミドルウェア製品である。
 今回、両製品が連携することにより、クラウドサインと企業の基幹システムが、APIを意識せずにシームレスに連携可能となるため、企業は開発工数をかけずに業務の自動化、効率化を実現可能になるという。
 また今回の協業にあわせて、ASTERIA Warpでは、別システムで作成された契約書ファイルをクラウドサインへ自動でアップロードする「契約書類作成」テンプレートと、クラウドサインから承認された契約書ファイルをダウンロードする「契約書類ダウンロード」テンプレートのサンプル版を提供開始する。
 この連携テンプレートを利用すると、クラウドサインとの連携処理(フロー)を、ナビゲーション画面に従って必要事項を設定するだけで作成可能になるとのことだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク