あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

今更聞けないyutube(ユーチューブ)の便利な使い方

スポンサードリンク

スクリーンショット 2016-02-28 0.35.29
youtubeとは世界最大の動画サイトだ。

見るだけならアカウントもいらないし、

アカウントさえ作れば誰でも動画を投稿する事ができる。

一般の人も有名人も動画を投稿する事があって視聴者を楽しませてくれる。

動画を投稿する方のメリットとしては有名になることが出来ることや、
広告をのせて再生数に応じた収益を受け取ることができたりする。

最近はyoutubeの広告収入だけで生計を立てる

「ユーチューバー」

と呼ばれる人達も生まれてきている。

そして

「パフォーマンスをして再生数を稼ぎ、広告収入を得る」

と言う行為は芸能活動に酷似していて、実際にユーチューバーとしてテレビ出演したりする人もいるのだ。

youtubeは自分で見たい動画を選ぶことができる。

テレビなどと違って、自分の見たいもの、事だけを見る事ができてしまう。

それがここまで人気になっている一つの大きな理由だろう。

テレビだと見たいものが始まるまでは待たなければいけないからだ。

欠点としてはやはり素人がやっているという事。

テレビや映画と比べると動画の内容がチープになりがちで、

面白い内容や工夫が必要になってきている。

目立つために何でもしてもいいわけがないので、常識を持って動画を公開する必要がある。

しかし、それを補って余りあるほどの魅力があるので、

この手の問題のあるサイトはこの先長くなくなることはないだろう。

むしろ「テレビが押され気味だと」まで言われてきている。

その理由としてはやはり先ほどの

「自分の好きな物を見る事ができる」

という点にある。

youtubeは一度有名になってしまえば、再生数はよほどの事がない限り落ちないようだ。

しかし、その分一度有名になることが難しいのだ。

内容が面白くても動画を見てもらえないという事が多い。

それを避けるためには

魅力的なタイトルと
画像を設定すること

が必要なのだ。

スポンサーリンク

youtubeの便利な使い方

youtubeの動画は画質を選ぶことができ、

環境によっては高画質の動画を見る事ができる。

ライブ配信などもあり、誰でもネット配信を行う事ができる。

音楽なども数多く投稿されていて、

「あの音楽が聞きたい」

と思った時にさっと調べてすぐに聞く事ができる。

検索結果の表示も投稿日順や、再生数順などがあり、
自分の目的にあった並べ替えができ非常に便利だ。

再生リストと呼ばれるものを作る事ができ、自分の好きな動画を自動的に順番に流してくれます。

youtubeはスマートホンなどでも見る事ができ、
外出先で暇な時などに好きな動画を検索して、
好きなだけみて暇を潰す事もできる。

変わった使い方としては、

youtubeは条件を満たせばいくらでも動画を投稿する事ができるので、

パソコン内にしまっておく事ができない動画などを、

youtubeに投稿して保存しておくという事もできる。

その場合見られても良い場合は公開でいいが、

見られたくない場合は非公開設定にすれば誰かに見られる事無く動画を投稿しておくことができる。

さらに、

youtubeは動画を見れば見るほど、自分にあった動画をおすすめとして表示してくれるようになってくるのだ。

自分が見た動画の傾向からお勧めの動画を判断してトップページに表示してくれる。

中には「こんなの見たくない」という動画をお勧めされることもあるが、

そんな時は右上にある×印を押すだけで次からのお勧め表示に生かしてくれる。

youtubeにはテレビでは流されないようなすごくマニアックな内容のもの

(有名ミュージシャンの無名時代など)もあり、

普通では見る事ができないような物を見る事ができる。

地名ややってみたいことなどを

検索窓に入力すれば既に行ったりやったりしている人がいたりもするので、

その景色や結果などを見て自分の行動に生かすのもいい。

まとめ

youtubeでこの動画は聞きたいけど、、全部見る時間がちょっと、、、
というときが自分ではよくある。

そんなときは再生速度を切り替えている。

倍速再生だとちょっと聞きづらいことがあるので、1.5倍とか微妙に調整をしている。

youtubeではメニューで

0.25倍~2倍まで

速度を切り替えることができる。

メニューは

プレーヤー右下の歯車アイコン「設定」>「速度」

なので、お試しを!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする