あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

Airbnb エアービーアンドビーとは

スポンサードリンク

スクリーンショット 2016-03-10 20.54.40

日本でも福岡市が嵐とEXILEのコンサートに限って、民泊の利用を試験的に取り入れることを決定した例があって
(元々日本では民泊はグレーゾーン)

このケースでは、福岡市内のホテル不足が問題となっていた

そんな中で台頭してきた民泊仲介サービス Airbnb(エアビーアンドビー)への注目度が上がっている。

最近は耳にすることも多い「Airbnb」だが、どういったサービスなのだろうか?

Airbnbは、アメリカのサンフランシスコを拠点にして2008年に始まったサービスで、

現在は世界192カ国でサービスを展開しており、日本でもサービスの運用が始まっている。

日本では、割と最近になって徐々に徐々に知られるようになってきた印象だが、海外では宿泊風土の違いもあり、数年前から当たり前のように愛用されてきた。

実際、2012年の時点でAirbnbは11番目のオフィスをシドニーに設立した。

Airbnbの主な役割は、宿泊したい人とお部屋に泊めたい人をWebサイトやアプリケーションからつなげるというものだが、

その他にも宿泊者同士のコミュニティを作る機能など、旅を楽しくする機能も付いてくる。

スポンサーリンク

Airbnbの魅力

「Airbnb」の魅力はいくつあって、

1つめに挙げられるのが「個性豊かな宿に宿泊できる」ことだ。

ホテルでは、どうしてもコンセプトなどの関係上画一的になってしまうのが現状で、

ホテルの場合にはあくまでも「ビジネス」だから、需要がなければホテルを作ることはない。

しかし、このAirbnbでは複数のお部屋を貸し出していても、全部が全部和風である必要はないし、画一的なものは全くない。

さらに言うと、ビジネスでやっている人は別だが、

そういった目的ではない限りはホストの(お部屋を貸し出している人)好きなものを全面に押し出して言っても良いのだ。

無料WIFIのサービスがあったり、

ホストのお出迎えがあったりホストごとにサービスが異なっていて

独自のサービスで差別しているところもあるのだ。

またもう1つ挙げられるのが、「安い」ということだ。

特に東京都心部だと、当日にホテルを予約しようとしたら8000円になってしまったり、最悪シーズンが悪いと「ない」というケースも当然あるのだ。

しかしながら、Airbnbでは当日予約でも半額以下に抑えることは難しくなくことがある。

地方都市ですと2000円以下のお値打ちプライスも当たり前で、

安宿を探している宿泊者の方には、Airbnbはすごく都合が良くなっている。

Airbnbのメリット、デメリット

Airbnbのメリットは、主には先ほどの

「安い」「部屋が個性的」になるが、

ではデメリットはどういったものなのだろうか?

Airbnbのデメリットは、主には

「ポストと宿泊者の意見が合わない」

「法律違反」で起こります。

まず、ホストは決して教育を受けたプロのホテルマンではないのだ。

だから、宿泊者がホテルマンと同じようなことを求めてしまうと、必ずトラブルが起こってしまう。

例えば、

Airbnbでは新規利用者さんに対して 条件を厳しくしたりしている

というのは普通に起こっている。

さらには、「言葉が通じない」や「実物と写真が違う」など、

そういったトラブルも起こっているのだ。

また、法律に関しては、ほとんどの都市でグレーゾーンになってしまっているのが現状だ。

ほぼ「短期の貸し出しを恒常的に行うならホテル業としての届け出が必要」にて議論が交わされているが、

Airbnbはホストがどれだけホストとして、もっと立ち返ると人としてできているか、
かが満足のいく宿泊になるかの鍵となっているのだ。

まとめ

Airbnbの日本サイトを見ると、

レビュー記事は英語、韓国語、中国語などで書かれているものが多い。

つまり利用者は外国人で、旅行者が多いのだ。

ホストはもちろん英語で自分のサービスをアピールしている。

今では、インターネットを使って Airbnbのサイトで宿泊したい住所を入力すれば

宿泊できる場所が地図で確認できて、宿泊代までわかってしまうという便利なサービスになっている。

安いなら、日本人も利用した方がいいのでは?と思ってしまうので、
今度旅行行くときは是非 Airbnbを利用してみたいと考えている。

まずは新規登録でクーポンをもらおう!
Airbnbに新規登録でクーポンを受け取る

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする