あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

Office365 soloとは

スポンサードリンク

スクリーンショット 2016-03-15 23.39.40

マイクロソフトが提供しているオッフィスソフトは、

事実上のスタンダードであって、

殆どの会社で使用さていることが多いが、、

一部の官公庁ではマイクロソフトのオフィスを使用せず、無料のオッフィスを使用しているところもある、、

でも、シェアから言えばやっぱりマイクロソフトのオフィスなのだ。

常に最新バージョンのoffice365が使えて

officeデスクトップと会社で役立つソフトウェアが使える

便利なアプリケーションが

Office365 soloだ。

オフィスのアプリケーションは仕事をする上で

あなたをOfficeでの活動をスペシャリストに変えてくれる。

Office365 soloでは常に最新バージョンが提供されるのだ。

しかもMacでもタブレットでもストレス無く使う事が出来る。

様々なデバイスやコンピュータに対応しているのがOffice365 solo。

これを使えば家をofficeみたいにする事もそう遠くはないはず、、

タブレットなら立ったままでも作業出来るし、どこでも仕事が出来るようになる。

Office365 soloならワードとエクセルは常に最新のバージョンが使えてしまう。

最大で2台のウィンドウズPCか2台のmacにインストールする事が出来るし、

なんとスマートフォンにまでつなぐ事も可能になってしまう。

スマホでも仕事が出来るし、 スマホも2台までインストール出来る。

クラウドに保存すればいいだけなので本格的にどこでも仕事が出来る環境が整ったようだ。

クラウドを上手く活用すれば本当にどこでも作業が可能になるので、 朝の通勤を脱出したい方におすすめだ。

スポンサーリンク

Office365 soloの使い方

こんな便利なOffice365 soloだが、

月額の利用料がかかる。

月々1,274円で全ての最新バージョンが利用でき,

Officeのアプリケーションが使いたい放題のクラウドサービスになる。

使えるソフトウェアはワードとエクセルとパワーポイントと
ワンノートとアウトルックとパブリッシャーとアクセスだ。

これだけのアプリケーションをたったの1,274円で使い放題なので嬉しい限りだ。

ワードはワープロソフトで、

文字入力ファイルソフトウェアだ。

エクセルは表計算のソフトウェアで、
家計簿をつけたり、グラフの作成までできる。

パワーポイントはプレゼンの為に資料をまとめるためのプレゼン用のソフトウェアだ。

ワンノートは自分の考えなどをまとめたり

写真を整理したりするのに使う。

アウトルックは沢山のメールの管理をするアプリケーションで、
世界各国で5億人が使っているサービスだ。

パブリッシャーは様々なデザインなどを手がける為のアプリケーションで、
デザインの入った手紙などが作れる。

アクセスはプログラミング的なアプリケーションだ。
アクセスのデータを元にテーブルを作ったり、まだその逆も可能で、
データを蓄えることができる。
アクセスはどちらかというとプロ向けのソフト。

Office365 soloのメリット、デメリット

Office.365.solo.のメリットだが、

ソフトウェアという物は基本的に価格が高い。

でもOffice365 soloは月額1,274円で使いたい放題!!

使わなくなったら支払いをやめればいい。

最高のメリットが常に最新のOfficeのアプリケーションが利用出来る事は
ものすごいメリットなのだ。

あと最大で5台のPCやタブレットにインストールが出来る事。

これなら自分だけじゃなく他の人も利用出来てしまう。

逆にデメリットは、

古い機種を使っているとOffce365 soloの一部は利用が出来ない事。

自分基本的にMacBookを使っている。
私の友達が古いdellのパソコンを使っているが利用が出来ないのだ。

まあ古い機種なので仕方ないが…

あと問題なのが全てのアプリケーションを使いこなすこと

これがなかなか難しい、、

全てのアプリケーションをマスターしたら
会社の外でカフェなんかでコーヒーを飲みながら仕事なんてのもきっと出来るし、

でも、全てのOffice356 soloの機能をマスターしなくてもいいと思う。

例えば、ワードでもいいし、パワーポイントでもいいから一つの機能をマスターすればいい。

使い方がわからなければ、、

Google先生に聞けばいいのだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする