あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

貴乃花親方の退職に貴闘力「国会議員になって戦ってこいと言ったこともある。色々な“爆弾“も持っている」(AbemaTIMES)

スポンサードリンク

[ 元の記事 ]
出典元: 貴闘力

「やはり告発状の内容について事実無根であることを認めることができなかった」。

 25日、記者会見で無念さを滲ませながらそう語った貴乃花親方。今年3月、自身の弟子・貴ノ岩への傷害事件での日本相撲協会の対応などに関する告発状を提出したが、協会の見解は「事実無根な理由に基づいてなされた」というものだった。さらに「真実を隠さず追及したい」「内容には何ら真実に反する点はありませんでした」と話す貴乃花親方の意向に対し、協会側からは「事実無根であることを認めない限り、親方を廃業せざるを得ないという有形無形の要請」があったのだという。

【動画】貴闘力・大見信昭氏らによるスタジオでの議論の様子

 同日放送のAbemaTV『AbemaPrime』に出演したお笑い芸人の小籔千豊は会見を受け「貴乃花親方が言っていることが真実かどうかは別として、自分が真実だと思っていることに対して“それは嘘だ、でも我慢しろ“と言われるのは嫌だろう。長いものに巻かれるような人だったら、最初からこんなことをしてないと思う。体制側と、体制を変えようとする人がいて、でも一人だから変えられなかったというのは、歴史上よくあること。偉い人に一人で立ち向かっても負けるし、組織を変えるということがいかに難しいか改めて感じた。僕も良く似た状況に置かれたことがあるので、貴乃花親方の考えていること、言いたいことは良く分かる。『踊る大捜査線』での、いかりや長介さんの台詞“正しいことをしたければ偉くなれ“を思い出す」と率直な感想を述べた。

 会見で貴乃花親方は、記者からの「相撲協会に対して言いたいことは」との問いに「健全、そして力強い相撲をとって活躍してくれる若い力士を数多く輩出してほしいと思う」とコメントしている。

 現役時代、二子山部屋で貴乃花親方の兄弟子だった元関脇・貴闘力は「会見でも“健全な“という言葉を度々使っていたが、本人がやりたかったのは、ただ“健全な相撲を目指したい“、それだけ。みんなわかっているはずだ」と話す。

 「以前、俺は“相撲協会なんて辞めてしまえ。国会議員にでもなって、協会の上の文部科学省に行って勝負してこい“と言ったこともある。でも貴乃花親方は躊躇していた。“弟子がいるから辞められない。頑張ってみる“と。でも、横綱まで行った力士があれだけ色々言われて納得出来なかっただろうし、やはり腹に据え兼ねたのだろう。仕組みを変えなければ協会は良くならい。貴乃花親方は、そのためにどうしたらいいかを考えてきた。俺もクビになる8年前より以前から一緒に戦ってきたが、100人規模の組織の中では、味方を50人以上付けないと戦えないし、正しいことを言っていても正しくないかのようになってしまう。俺が“すぐ改革してしまえ“と言うと、“そうじゃないんだよ、力“と言っていた。“自分の子や孫の世代にはできればいいね“という感じでプランを考えていたと思う。だからしっかりと脇を固めていけば良かったのに、思い切ったことをしているなと思っていた」。

今までの英語教材では伝わらない
サウンドイングリッシュ 他言語学者が驚愕した英語リズムの詳細はこちら
ネイティブにアメリカに住んだことがないのと間違えられてしまう英語リズム!たった3ヶ月間で!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク