あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

20分で検査、結果をスマホで確認できる「スマート脳ドック」が人気 病気の前兆「未病」の把握に注目(AbemaTIMES)

スポンサードリンク

[ 元の記事 ]
出典元: 「スマート脳ドック」を体験した小松アナ

「医療費・保障費の削減」「地方創生への産業づくり」「ソリューションの海外輸出」などの観点から、“心身の状態は健康と病気の間で常に変化している“という考え方に注目、病気に向かう状態を表す「未病」の産業に注目が集まっている。先月には千葉の幕張メッセで「未病EXPO」というイベントが開催されるなど、未病の改善に取り組む自治体や医療機関が増えているのだ、。

 その先陣を切っている神奈川県では今年4月、未病改善施設・未病バレー「BIOTOPIA(ビオトピア)」(大井町)を開設した。森の中を歩く「森林セラピー体験」や様々な運動が楽しめる「健康チェックブース」、さらには地元食材が堪能できるレストランもある。

 予防医療のためのシステムや環境作りを支援しているHPC統合医療研究所の園田俊司会長は「健康な状態を測っておいて、見ることができなかった病気と健康の間を“見える化“し、病気にならないようにすること」と話す。同社が開発したストレスを数値化するシステムでは、指に取り付けたセンサーで心拍数や血管健康情報、身体的ストレス、精神ストレスを数分で測定、スマートフォンアプリで確認することができる。

 スマートフォンで申込みと結果の確認が行える「スマート脳ドック」も、未病改善のための検査のひとつだ。前兆の出にくい「脳の病気」は日本人の死因4位になっているが、「脳ドック」はまだまだ馴染みが薄い。

今までの英語教材では伝わらない
サウンドイングリッシュ 他言語学者が驚愕した英語リズムの詳細はこちら
ネイティブにアメリカに住んだことがないのと間違えられてしまう英語リズム!たった3ヶ月間で!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク