あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

がん治療で頼るべき情報源(BuzzFeed Japan)

スポンサードリンク

[ 元の記事 ]
出典元: 信頼できる情報源を参考にしたい

過去3回の記事では、「がんの病院選びの5つのコツ」、「“あなたの名医”の見つけ方」、「あなたの町のお医者さん“開業医”の見分け方」ということで、信頼できる病院や医師を見分ける“視点”を書きつづってきました。

同じ命に関わる病気でも、脳卒中や心臓発作のような急性の疾患と異なり、がんの場合は病気が発覚してから実際の治療が始まるまで、週単位、場合によったら月単位の時間があるのが通常です。

時間があるということは、それだけ情報収集ができることを意味します。

たとえ良い病院、良い主治医に巡り会えたとしても、治療がペースに乗るまでは様々な不安・疑問があふれてきがちで、患者ご本人やご家族が必死になって色んな情報を取られることが多いでしょう。

そんな中で、主治医以外にどのような情報源を頼るべきなのか、またどのような情報源は重視すべきでないのかを考えていきたいと思います。
【寄稿:鈴木英介・医療コンサルタント】

今までの英語教材では伝わらない
サウンドイングリッシュ 他言語学者が驚愕した英語リズムの詳細はこちら
ネイティブにアメリカに住んだことがないのと間違えられてしまう英語リズム!たった3ヶ月間で!

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク