スポンサードリンク

沖縄・玉城氏勝利の祝杯は「あのレア泡盛!」 共産・小池氏(J-CASTニュース)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

[ 元の記事 ]
出典元: 小池晃書記局長のツイート。「泡波」は流通量が少ないことで知られる

翁長雄志知事の急逝にともなう沖縄県知事選が2018年9月30日に投開票され、翁長氏を支えた社民・共産や一部の企業人による「オール沖縄」勢力が推す前衆院議員の玉城デニー氏(58)が、前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=を破って当選を果たした。

 報道各社が玉城氏の当選確実を出すと、共産党の小池晃書記局長もツイッターで「勝利万歳!」。その後のツイートで「祝杯」の写真を載せたのだが、それが一部では「幻の泡盛」との評判もある銘柄だった。

■現地に行っても入手が難しい

 この日、小池氏は品川区長選と品川区議補選の応援に入っていたが、県知事選についても相次いでツイート。21時30分過ぎに

  「玉城デニーさん勝利万歳!官邸の猛攻撃はねのけ、翁長知事の遺志を受け継ぎ『辺野古に基地を造らせない』民意は揺るがず。安倍政権は新基地建設を断念し普天間閉鎖撤去をデニー知事と共に米国政府に迫れ」

と玉城氏の当選を祝福し、23時30分頃、

  「沖縄の闘いから学ばなければいけないと深く思いを馳せながら、祝杯」

という1文とともに、「泡波」の文字が入った泡盛の瓶の写真を載せた。

 この「泡波」は、有人島としては日本最南端にある波照間島で製造され、生産量が非常に少ないことで知られる。100ミリリットルのミニボトルは島内に5か所程度ある売店で入手できるが、2合瓶になると、大半の売店では売り切れだ。運よく在庫があっても1日に1本しか売ってもらえないことが多い。3合瓶以上になると、基本的には島内の民宿でしかお目にかかれないと言っていい。どちらかと言えば、すっきりとした味わいで知られる。

 価格はミニボトルが1本310~340円、2合瓶が700円程度だ。

今までの英語教材では伝わらない
サウンドイングリッシュ 他言語学者が驚愕した英語リズムの詳細はこちら
ネイティブにアメリカに住んだことがないのと間違えられてしまう英語リズム!たった3ヶ月間で!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク