スポンサードリンク

(時時刻刻)「謎の分子」がん治療に結実 本庶さん、別の研究から発見導く ノーベル賞(朝日新聞デジタル)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

[ 元の記事 ]
出典元: オプジーボ(一般名ニボルマブ)の研究と開発

今年のノーベル医学生理学賞は、免疫の仕組みを利用した、新たながん治療薬の開発につながる研究をした2人に決まった。そのうちの1人が京都大学特別教授の本庶佑さん(76)。27年前に見つけた「なぞの分子」がきっかけだった。2人の研究がそれぞれ「免疫チェックポイント阻害剤」となり、皮膚がんや肺がんなどの治療に広く使われるようになった。▼1面参照

 新たながん治療開発のきっかけになった「PD―1」という分子は、元々はまったく別の研究をしていて見つけた。当初予想していたのとは違う「なぞの分子」だった。
 京都大の本庶研究室の助手だった石田靖雅さん(現奈良先端科学技術大学院大学准教授)が1991年に発見、翌年論文を発表した。……
本文:2,744文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

今までの英語教材では伝わらない
サウンドイングリッシュ 他言語学者が驚愕した英語リズムの詳細はこちら
ネイティブにアメリカに住んだことがないのと間違えられてしまう英語リズム!たった3ヶ月間で!

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク