あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

(教えて!日本の「科学力」:5)研究不正、なぜ起きるの?(朝日新聞デジタル)

スポンサードリンク

[ 元の記事 ]
出典元: 近年発覚した研究不正の例

「研究不正はなぜなくならないのだろうか」
 滋賀県立大の原田英美子准教授が、学生たちに問いかける。
 研究倫理をテーマにした授業。大学院生らを対象に、今年も10月1日から講義が始まった。
 「研究不正の背景に、個人の倫理観や道徳だけでは解決できない、構造的な問題があるからだ」。原田さんはそう説く。
 研究不正とは、論文データの捏造(ねつぞう)や改ざん、盗用などのこと。日本では組織ぐるみで行われる不正が特に問題になっている。
 不正に巻き込まれないためには、どうすれば良いのか。学生たちは半年間の講義で、研究不正をめぐる裁判記録を読み解いたり、不正を見抜くソフトの使い方を学んだりして、怪しい研究室に近づかず不正から身を守る術を学ぶ。……
本文:1,192文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

今までの英語教材では伝わらない
サウンドイングリッシュ 他言語学者が驚愕した英語リズムの詳細はこちら
ネイティブにアメリカに住んだことがないのと間違えられてしまう英語リズム!たった3ヶ月間で!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク