あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

『新潮45』休刊の判断に小川榮太郎氏「論外だ」、松浦大悟氏「賛成派・反対派を交えた座談会を」(AbemaTIMES)

スポンサードリンク

[ 元の記事 ]
出典元: 松浦大悟氏と小川榮太郎氏

「ここ数年、部数低迷に直面し、試行錯誤の過程において編集上の無理が生じ、企画の厳密な吟味や十分な原稿チェックがおろそかになっていたことは否めません」。先月25日、公式サイトで『新潮45』の“休刊“を発表した新潮社。29日放送のAbemaTV『みのもんたのよるバズ!』では、問題とされた特集企画に寄稿した小川榮太郎氏と松浦大悟氏を招き、話を聞いた。
 
 そもそもの発端は、自民党の杉田水脈衆議院議員が『新潮45』8月号に寄せた論文だ。巻き起こった批判に同誌は10月号で「見当はずれの大バッシングに見舞われた。主要メディアは戦時下さながらに杉田攻撃一色に染まり、そこには冷静さのカケラもなかった」として、7人の論客の寄稿からなる特集企画「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」とを掲載し、反論した。

 このうち、同性愛を単なる趣味や性癖だと主張し「性的嗜好についてあからさまに語るのは端的に言って人迷惑である。レズ・ゲイに至っては全くの性的嗜好ではないか」「痴漢症候群の男の困苦こそ極めて根深かろう。彼らの触る権利を社会は保障すべきではないのか」といった内容を含む小川榮太郎氏の論文に非難が集中。結果的にこれが火に油を注ぐ結果となり、新潮社から本を出している何人もの作家や翻訳家が執筆を拒否する事態に発展。抗議のために「新潮社の新刊については当面仕入れを見合わせることにした。そう決断する本屋がいくつかはあってもいいと思う」と、同社の書籍の販売を見合わせる書店も現れた。

 休刊発表に先立ち、同社の佐藤隆信社長はが「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現が見受けられました。弊社は今後とも差別的な表現には十分に配慮する所存です」とのコメントを発表したが、抗議に集まった人たちからは「結局何が悪かったのか、一体誰の記事のどこが悪かったのか何も書いていない」「トカゲの尻尾切りというか、むしろ解決したくないばっかりに慌てて休刊を決めたんじゃないかな」との声も聞かれた。

今までの英語教材では伝わらない
サウンドイングリッシュ 他言語学者が驚愕した英語リズムの詳細はこちら
ネイティブにアメリカに住んだことがないのと間違えられてしまう英語リズム!たった3ヶ月間で!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク