あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

日米首脳会談をめぐる報道に「関税引き下げを“負けた“と言うような習慣はやめた方がいい」(AbemaTIMES)

スポンサードリンク

[ 元の記事 ]
出典元: 足立康史氏と飯田泰之氏

安倍首相は先月26日、耳慣れない「日米物品貿易協定(TAG)」の交渉を開始することでトランプ大統領と合意した。

 背景にはアメリカは輸入車の関税を2.5%から10倍の25%に引き上げることを検討していることがあり、これが実現すれば日本のメーカーにとっては2兆円余りの関税コスト増となり、利益の半分が吹き飛ぶという試算もあった。今回、日本側が譲歩する形で二国間新協定「TAG」の交渉開始に合意したことで、ひとまず自動車関税引き上げについては当面回避された。一方、アメリカは農産物も標的にしており、特に牛肉に関して大幅な関税引き下げを求めている。TPPに加盟しているオーストラリア産牛肉の関税は将来9%に引き下げられるが、TPPを脱退したアメリカ産牛肉は38.5%という高関税のままでは競争が困難になるため、他の農産品とともにTPP水準まで引き下げるように迫ってくるとみられている。

 自動車の関税で脅して、農産品の市場開放を迫るのがトランプ流ディールの狙いなのだろうか。二国間交渉に引きずり込まれたことについて、山梨県の牧場経営者は「自動車産業が大事なのは分かるが、だからといって農業を引き換えにというのはちょっとおかしいと思う」と話している。

 首脳会談を終え、トランプ大統領は「私が“日本は我々の思いを受け入れなければならない。巨額の貿易赤字は嫌だ“と言うと、日本はすごい量の防衛装備品を買うことになった」と振り返り、一方、安倍総理は「双方の違いはお互いに尊重しながら、両国の間の貿易を一層促進することによって、ウィンウィンの経済関係を作り上げていくことが必要であり、それが本日の合意であると思う」と述べた。

今までの英語教材では伝わらない
サウンドイングリッシュ 他言語学者が驚愕した英語リズムの詳細はこちら
ネイティブにアメリカに住んだことがないのと間違えられてしまう英語リズム!たった3ヶ月間で!

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク