あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

ハーバード大学がアジア系を入試差別か?アファーマティブ・アクションの是非を考える(AbemaTIMES)

スポンサードリンク

[ 元の記事 ]
出典元: パックン

世界屈指の名門・米ハーバード大学が、入学試験でアジア系アメリカ人の点数を操作し合格者を減らしていたとして問題になっている。

 訴訟を起こしたアジア系学生団体は、成績が同じだった場合、白人は35%、ヒスパニック系は75%、アフリカ系は95%が合格となるのに対し、アジア系アメリカ人は25%になっていると主張、さらに全ての人種グループの中で学力・カリキュラムの評価が最も高い一方、人格面での評価は低くされているとしている。アメリカ司法省も今年8月、アジア系を差別するような入学選考が45年間にわたって行われていたとの見解を示した。

 現役のアジア系アメリカ人の学生は「ある人種の学生に必要な点数はアジア人学生よりも明らかに低い。私のようなアジア人にとっては嬉しくないことだが、特にアフリカ系の学生にもっとチャンスを与えたいのだと思うし、そういう主張も聞いたことがある」と話す。

 これに対し大学側は公式サイトに掲載した声明で「人種を考慮した入試は差別に当たらない」と反論、入試は合法的に実施していること、アジア系の合格者数は2010年から27%も増加していることなどを根拠に、アジア系への組織的な差別行為はなかったと結論づけている。

 4日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、ハーバード大の卒業生のパックンを交え、アメリカの入試と人種の問題について考えた。

今までの英語教材では伝わらない
サウンドイングリッシュ 他言語学者が驚愕した英語リズムの詳細はこちら
ネイティブにアメリカに住んだことがないのと間違えられてしまう英語リズム!たった3ヶ月間で!

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク