スポンサードリンク

ラムサール条約に登録「矢並湿地」の一般公開始まる 愛知・豊田市(CBCテレビ)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

[ 元の記事 ]
湿地を保全する国際条約「ラムサール条約」に登録された愛知県豊田市の矢並(やなみ)湿地が、4日から一般公開されています。

 3000平方メートルの広さを誇る豊田市の矢並湿地は、四季を通じて300種類以上の珍しい植物が見られ、2012年に湿地を保全する「ラムサール条約」に登録されました。

 普段は、立ち入り禁止ですが、年に5回ほど公開されています。

 湿地では、秋の使者といわれる「シラタマホシクサ」が星を散りばめたように群生していて、赤紫色の「ミカワシオガマ」が色を添えています。

 矢並湿地の公開は、10月8日までです。

今までの英語教材では伝わらない
サウンドイングリッシュ 他言語学者が驚愕した英語リズムの詳細はこちら
ネイティブにアメリカに住んだことがないのと間違えられてしまう英語リズム!たった3ヶ月間で!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク