あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

元貴乃花親方が元文科相と会談 「参院選へ立候補」説との関係(J-CASTニュース)

スポンサードリンク

[ 元の記事 ]
出典元: 貴乃花親方(2018年9月25日撮影)

貴乃花親方が退職に追いやられたひとつの要因となった角界の一門制度。2018年7月の理事会において、すべての親方は5つある一門に所属しなければならないと決定し、9月27日の理事会までにいずれかの一門に所属することが義務付けられていた。

 受け入れ先が見つからなかった貴乃花親方は、期日を待たずして9月25日に退職を表明。退職届の書類に関して不備があるとして、協会と再三のやりとりがあったが、10月1日に退職届が受理され、これをもって正式に貴乃花部屋が消滅した。

■約30年間、無風だった協会理事選

 貴乃花親方は、一門制度の改革を掲げて協会と対峙してきた。2010年の理事選で立候補したのも改革を目指してのことだった。「声を上げる理事」として協会の古き体質を変えようとした。

 1968年に理事の選挙制度が導入されて以降、96年まで約30年間にわたり無投票当選が続いた。なぜ30年もの間、一度も選挙が行われなかったのかといえば、事前に各一門が候補者を調整していたため、定員の10人を超える候補者が出なかったためである。

 協会内ですべてを決着するという古い慣習は、隠蔽体質を作りかねない。これを打破しようとして、手を挙げた貴乃花親方に先立つこと20年前に2人の親方による反乱があった。

 1998年の理事選において、間垣親方(元横綱2代目若乃花)と高田川親方(元大関前の山)が禁を破って一門の調整を無視した形で独自に立候補し、角界初の理事選が行われた。この選挙で高田川親方は理事に当選したが、のちに一門の混乱を招いたとして高砂一門を破門された。

 2000年にも無所属として高田川親方が立候補し選挙となったが、これを最後に2010年の貴乃花親方立候補まで選挙は行われなかった。

今までの英語教材では伝わらない
サウンドイングリッシュ 他言語学者が驚愕した英語リズムの詳細はこちら
ネイティブにアメリカに住んだことがないのと間違えられてしまう英語リズム!たった3ヶ月間で!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク