あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

小倉智昭から「こんな2人」呼ばわり 今井絵理子議員の「略奪愛」ニュース価値(J-CASTニュース)

スポンサードリンク

[ 元の記事 ]
出典元: 今井絵理子参院議員

「略奪愛」「沖縄県知事選の戦犯」などと報じられた自民党の今井絵理子・参議院議員に、テレビのワイドショーでも容赦のない批判が寄せられた。

 「とくダネ!」(フジテレビ系)では、キャスターの小倉智昭さんが、「略奪愛」の相手である橋本健・元神戸市議ともども「こんな2人を取り上げる意味は何もない」と言えば、社会学者の古市憲寿さんは「そもそも今井さんは存在感がないから『戦犯』にすらならない」とこき下ろした。

■「なぜ(番組で)やるんですか?」

 今井氏と橋本氏の関係が1年ぶりに世間を騒がせている。週刊新潮2018年10月11日号(首都圏など3日発売)の報道によれば、沖縄県知事選挙戦(9月30日投開票)終盤の連休中、同県出身で知名度も高い今井氏は、自民推薦の佐喜眞淳陣営の応援に入らず、東京で「橋本氏と『バースデー』を楽しんでいた」。

 同誌が17年7月に、当時妻帯者だった橋本氏との不倫関係を報じた後も2人は交際していたといい、同年12月に橋本氏は離婚。今号では、今井氏は元妻にいまだ謝罪していないとしたほか、「略奪愛」を超えて「『略奪婚』すら起こりうる気配となっているというのである」と報じている。

 今井氏は今回、10月3日のブログで猛反論。「バースデーパーティなんかしていませんし、計画すらしていません」としたほか、知事選では何度も現地入りしたうえで「沖縄で尋ねる先がなくなったので、東京に戻り、県人会を訪ねるなどして応援してきました」と主張した。

 「略奪」についても「橋本さんからは、夫婦関係が破たんしており離婚調停中であると聞いてましたし、別居に至ったのも夫婦間のある出来事が原因であり、私とは全く関係のないことでした」と否定。元妻への謝罪は、代理人弁護士を通じて謝罪の手紙を渡すことが一度決まったものの、先方から取りやめの連絡があったため叶わなかったとしている。

 週刊新潮と今井氏の言い分には食い違いがあるが、4日放送の「とくダネ!」出演者は次々と今井氏を批判した。

 キャスターの小倉智昭さんは開口一番、

  「今井さんがブログに書いてあることが全て事実となれば、もう橋本さんは離婚しているし、一線を越えたところで、こんな2人を取り上げる意味は何もないんじゃないかなと思うんですが、なぜ(番組で)やるんですか?」

と、今井氏・橋本氏を「こんな2人」呼ばわり。

今までの英語教材では伝わらない
サウンドイングリッシュ 他言語学者が驚愕した英語リズムの詳細はこちら
ネイティブにアメリカに住んだことがないのと間違えられてしまう英語リズム!たった3ヶ月間で!

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク