あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

ノーベル賞・本庶佑氏の「姓が珍しい」 「全国におよそ30人」情報も(J-CASTニュース)

スポンサードリンク

[ 元の記事 ]
出典元: 本庶佑氏著の『ゲノムが語る生命像』(講談社ブルーバックス)

京都大学特別教授の本庶佑(ほんじょ・たすく)氏(76)が、2018年のノーベル医学生理学賞を受賞することが決まった。

 ツイッターには祝福の声が相次ぐなか、「本庶」の姓が珍しい、と気になる人もいるようだ。全国電話帳データなどを独自にまとめている「苗字由来net」によると、「全国人数 およそ30人」の珍しい姓だという。

■「かなりの希少姓っぽい気がする」

 スウェーデンのカロリンスカ研究所は2018年10月1日、ノーベル医学生理学賞を本庶特別教授とジェームズ・アリソン博士(米テキサス州立大)の2人に贈ると発表した。免疫チェックポイント分子「PD-1」を発見したことが評価された。

 日本時間で1日夕にこのニュースが流れると、ツイッターには「おめでとうございます」と祝福の声が相次いだ。その中に一部、

  「『本庶』の姓は珍しいな」

   「かなりの希少姓っぽい気がする」

 と、姓が気になる人のつぶやきも。「本庶 佑」さんなのか、「本 庶佑」なのか、と悩む人もいた。

  「苗字由来net」サイトによると、「本庶」姓の「全国人数」は「およそ30人」と珍しく、愛知県岡崎市や富山県富山市で比較的多くみられるとしている。「本庶さん有名人一覧」をみると、世界的な研究者として「本庶佑」氏一人の名前が挙がっていた。

 参考にアマゾンの書籍検索で「本庶」を入力すると、講談社ブルーバックス『ゲノムが語る生命像』など、本庶佑氏の著書が何冊か表示された。他に1960年代に出た、耳鼻咽喉科関係書物に「本庶」姓の著者が確認できた。

 ノーベル賞の授賞式は12月、ストックホルムで行われる。

今までの英語教材では伝わらない
サウンドイングリッシュ 他言語学者が驚愕した英語リズムの詳細はこちら
ネイティブにアメリカに住んだことがないのと間違えられてしまう英語リズム!たった3ヶ月間で!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク