あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

(てんでんこ)祈り:18 再出発(朝日新聞デジタル)

スポンサードリンク

[ 元の記事 ]
出典元: 対話の大切さをますます感じるという柳谷雄介牧師(左)=9月8日、岩手県釜石市大町3丁目

■自らの心の傷や他者の痛みと向き合い、「愛されているから」と語りかける。

 困難に直面したとき、人はよく神に祈る。悲惨な体験の中で「神はいるのか」と問うこともある。が、神父の晴佐久昌英(はれさくまさひで)(60)は、岩手県釜石市の新生釜石教会でこう説いた。
 「はるか昔から地震や津波は常に来ては、去っていった。つい最近になって我々はそこに家を建て、波は越えないはずと防波堤を造り、絶対安全だと原発を建てた。それらは神が建てたものではありません。人間が造ったものです。だから壊れたからと言って『神よ、なぜ?』というのはおかしいでしょう」
 新生釜石教会の牧師、柳谷雄介(やなぎやゆうすけ)(49)は2011年夏、晴佐久だけでなく、ホームレス支援で有名な北九州市の牧師、奥田知志(おくだともし)(55)や、原発事故で福島県大熊町から教会員らと流浪を続けていたバプテスト教会の牧師、佐藤彰(さとうあきら)(61)に次々と連絡を取った。……
本文:1,026文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

今までの英語教材では伝わらない
サウンドイングリッシュ 他言語学者が驚愕した英語リズムの詳細はこちら
ネイティブにアメリカに住んだことがないのと間違えられてしまう英語リズム!たった3ヶ月間で!

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク