あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

ノーベル医学生理学賞の本庶氏会見(全文2)「教科書を信じすぎるな」(THE PAGE)

スポンサードリンク

[ 元の記事 ]
出典元: 質問に答える本庶特別教授

1日、2018年のノーベル医学生理学賞が、京都大学の本庶佑(ほんじょ・たすく)特別教授に授与されることが発表された。米テキサス大学のジェームズ・アリソン教授との共同受賞。日本人研究者の同賞受賞は、東京工業大学栄誉教授の大隅良典氏以来、2年ぶりとなる。

 本庶氏は、免疫を抑える働きを持つたんぱく質「PD-1」を発見。この研究が、がん免疫療法の進展につながった。同日夜の記者会見で、本庶氏は「自分の研究が本当に意味があったということを実感し、何よりもうれしく思う。その上このような賞をいただき、私は幸運な人間」などと喜びを語った。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードはYouTubeのTHE PAGEチャンネル上の「ノーベル医学生理学賞 京大の本庶氏が受賞会見(2018年10月1日)」に対応しております。

     ◇     ◇

朝日新聞:大学記者クラブ幹事社の朝日新聞の【マアサ 00:10:08】と申します。このたびはおめでとうございます。2点お伺いしたいんですけども、まず1点目は受賞の連絡は何時ごろ、どのような形で来て、そのときの率直なお気持ちを教えてください。

本庶:確か5時前後だったかと思いますけども、電話でノーベル財団の、私も知ってる先生から電話がありました。それはちょっと突然でしたので、大変驚きました。ちょうど私の部屋で若い人たちと論文の構成について議論しているときでしたので、まさに思いがけない電話でありました。もちろん大変うれしく思いましたけども、また、大変驚きました。

朝日新聞:そのときの、隣で同席されてた学生さんたちはどういった反応がありましたでしょうか。
本文:7,456文字

この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。

今までの英語教材では伝わらない
サウンドイングリッシュ 他言語学者が驚愕した英語リズムの詳細はこちら
ネイティブにアメリカに住んだことがないのと間違えられてしまう英語リズム!たった3ヶ月間で!

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク