あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

TBS時代は「30代で年収1500万」 安東アナ明かしたお給料は「妥当」か(J-CASTニュース)

スポンサードリンク

[ 元の記事 ]
出典元: 「じっくり聞いタロウ」(テレビ東京系)で安東弘樹さんが告白した(画像は番組公式サイト)

元TBSアナウンサーで現在フリーの安東弘樹さん(50)が、他局番組でTBS時代の給料・給与事情について、具体的な数字を挙げて紹介した。

 安東さん自身が「高かった」と振り返ったその額に対し、共演者は「えー!」と驚きの声を挙げていた。ツイッターなどネット上では、「そんなに貰ってんの」といった声が広がった。

■「30~40代で1500~2000万円くらい」

 安東さんは2018年10月5日未明、バラエティ番組「じっくり聞いタロウ」(テレビ東京系)にゲスト出演した。TBS時代には『アッコにおまかせ!』など人気番組を担当していたが3月に退社、フリーに転じて約半年が経っている。

 安東さんは、子供時代のスペイン生活などについて語った。スタジオでの反応が一段と大きくなったのは、お笑いコンビ「次長課長」の河本準一さんとのやりとりの時だった。河本さんは、

  「局のアナウンサーは給料が結構いいよ、というイメージしかない。TBSさんは?」

と質問。安東さんは

  「だいたい30~40代で1500~2000万円くらい。高かったです」

と答えた。音声には「ピー音」もかからず、具体的な数字が放送された。ナレーションで「安東さんは当時、30代で普通のサラリーマンのおよそ3倍の年収1500万円」をもらっていたと説明、字幕でも「年収1500万円超え!」と表記される念の入れようだった。

 河本さんは金額を聞いて、

  「えー!」

と驚いていた。河本さんは「給料」という表現を使ったが、安東さんの回答額が、いわゆる基本給のイメージで使われることが多い「給料」部分のみなのか、給料に各種手当や残業代、賞与(ボーナス)などを加えた「給与(の年収)」なのかは、番組内でははっきりしなかった。

 放送後、ツイッターやネット掲示板では、

  「マスコミの住人と、世間の人間では金銭感覚がかなり違うんでしょうね」
  「こんなに貰ってんの」

と、高額だとやや批判的に受けとめる反応が出ていた。一方で、

  「アナウンサーは局の顔だから高給取りでも仕方ないだろう」

と理解を示す意見もあった。

今までの英語教材では伝わらない
サウンドイングリッシュ 他言語学者が驚愕した英語リズムの詳細はこちら
ネイティブにアメリカに住んだことがないのと間違えられてしまう英語リズム!たった3ヶ月間で!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク