あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

(教えて!日本の「科学力」:7)企業の論文数、なぜ大きく減ったの?(朝日新聞デジタル)

スポンサードリンク

[ 元の記事 ]
出典元: 日本企業による論文数が減っている/研究開発への投資額のランキング

日本の論文数の減少は大学や国の研究機関だけで起きている現象ではない。企業の論文も大きく減った。
 文部科学省の科学技術・学術政策研究所によると、日本企業が独自に発表した論文数は1996年の6300本をピークに、2015年には約2600本と約6割減った。その一因について、京都大の前川佳一・特定准教授は「企業のいわゆる『中央研究所』の撤退にある」と指摘する。
 NECや日立、東芝といった日本の主なメーカーは自社で基礎研究から製品開発までを手がける方式を取ってきた。しかし、90年代のバブル崩壊に伴い、基礎研究を担ってきた中央研究所は閉鎖・縮小を余儀なくされた。……
本文:1,198文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

今までの英語教材では伝わらない
サウンドイングリッシュ 他言語学者が驚愕した英語リズムの詳細はこちら
ネイティブにアメリカに住んだことがないのと間違えられてしまう英語リズム!たった3ヶ月間で!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク