あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

文科相就任の柴山昌彦氏だけど… 蒸し返される発言「同性婚は少子化拍車も」(J-CASTニュース)

スポンサードリンク

[ 元の記事 ]
出典元: 柴山氏の公式サイト

第4次安倍内閣、初入閣12人組の中で、ある意味注目を集めている人物がいる。文科相に就任した、柴山昌彦氏だ。当選6回、閣僚中最年少の52歳、弁護士などを経て政界入りした経歴の持ち主で、安倍晋三首相と同じ細田派所属である。

 その柴山氏だが、就任早々ネットの一部で、3年前のテレビ番組での「同性婚」に関する発言が蒸し返されている。いったいどのような内容だったのか。

■TVタックルで同性愛カップルと議論

 話題になっているのは、2015年3月5日に放送された「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)の一場面である。

 当時、同性カップルへの「パートナー証明書」を、東京都渋谷区が全国で初導入することが話題を呼んでいた。そこで番組では同性婚をめぐる問題について、政界代表として柴山氏をゲストに招いて討論した。

 冒頭、柴山氏は、「(自民)党内に色々な見解はあると思いますけども」と前置きしたうえで、カップルの「要件」をどう決めるかなど、「私に関して言えば、まだ議論が熟していない(と思う)」と、パートナーシップ制度も含めて、慎重論を表明する。自分の周囲にも同性愛をカミングアウトしている人もいるとして、

  「差別をすることはこれからなくしていかなければいけない、と思いますけど、それとこれ(同性婚)を法的に認知する、ということはちょっと違う話だと思います」

 これに、同性愛カップル側の代表として出演していたLGBT活動家の増原裕子さんが、パートナーシップはあくまで自治体としての動きで、婚姻制度全体に関わるものではないのでは、と反論する。対して柴山氏は、「家族制度ってやっぱり全国的に議論するものじゃないか。そうしないと、それこそ渋谷にそういう人(同性愛者)たちが集中するとか」と懸念を示すが、これにやはりLGBT活動家の東小雪さんが、「渋谷に同性愛者がたくさん住んでいたら、どんな問題があると思いますか?」。柴山氏は少し言葉に困った様子で、

  「問題があるというよりも……まあ、やっぱりそこに、社会的混乱というのは生じるんじゃないですかね」

今までの英語教材では伝わらない
サウンドイングリッシュ 他言語学者が驚愕した英語リズムの詳細はこちら
ネイティブにアメリカに住んだことがないのと間違えられてしまう英語リズム!たった3ヶ月間で!

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク