あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

まずは信頼できる医療情報を集めたサイトを これからも安心して医療にかかり続けるために(BuzzFeed Japan)

スポンサードリンク

[ 元の記事 ]
出典元: 懇談会の目玉メンバー、デーモン閣下は早速、子どもの医療相談電話「#8000」をアピール。悪魔なのですが、この世では人間の姿を借りて生活しているので、病院にもかかるそうです

みなさん、今、医療に不満や不安を持っていませんか?

「待ち時間が長い」

「夜間や休日に具合が悪くなった時、かかるべきなのかわからない」

「3分診療でじっくり話を聞いてもらえない」

医療の取材をしていると、こんな声をよく聞きます。

急病になって、迷った末に救急車を呼んだり、大病院や夜間・休日の救急窓口に行ったりして、大したことないとされて帰されることもしばしばあるでしょう。

でも、みんなが軽症で受診したら、病院や医師の負担はとても重くなります。過労から、うっかりミスや医療事故を起こす可能性だってあります。一人の患者に割ける時間も少なくなるでしょう。

そこで、厚生労働省は、これからも安心して医療を受け続けられるように、医療を受ける側にも協力してもらおうと考えました。その方法や広め方を考える「上手な医療のかかり方を広めるための懇談会」(座長=渋谷健司・東京大学大学院国際保健政策学教室教授)が10月5日に始まりました。

メンバーはデーモン閣下さんを初め、コミュニケーション・ディレクターのさとなおこと佐藤尚之さん、冤罪との戦いを経て厚労省事務次官を務めた村木厚子さん、患者の集いの場、マギーズ東京の共同代表を務める鈴木美穂さんら大物ぞろい。

そんな豪華なメンバーがいる中、なんとわたくしも参加することになりました。

初会合では、早速、あちこちに散らばっていて活用しづらい、信頼できる医療情報を一つの場所に集めたサイトを作ることが決まりました。

これから毎回、議論の内容をみなさんにお伝えして、意見交換しながら、それをまた会議での発言につなげる方法を試みます。私たちの医療を守るため、あなたもぜひご参加ください。

今までの英語教材では伝わらない
サウンドイングリッシュ 他言語学者が驚愕した英語リズムの詳細はこちら
ネイティブにアメリカに住んだことがないのと間違えられてしまう英語リズム!たった3ヶ月間で!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク