スポンサードリンク

高橋監督「辞任」報道のタイミング 巨人の混乱ぶりが露呈(J-CASTニュース)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

[ 元の記事 ]
出典元: 画像はイメージ

巨人の高橋由伸監督が今季限りで辞任することが2018年10月3日、決まった。3年契約の最終年となった今季は、Aクラスの可能性を残すものの、12年ぶりの負け越しが決定。高橋監督は責任を取る形で球団に辞意を申し入れ、了承された。後任は、これまで2度チームの指揮を執った原辰徳氏が最有力で、球団はシーズン終了後にも交渉に入る。

 高橋監督が監督に就任したのは2016年。その前年の15年9月に、巨人の現役3選手による野球賭博が発覚し、さらに16年3月に新たな野球賭博が判明した。球界の盟主を自負する巨人は、ダーティーなイメージを払拭させるためクリーンなイメージを持つ高橋を監督に「指名」。40歳の若き指揮官が誕生した。

■想定外の辞意表明

 現役にこだわり続けた高橋だったが、長嶋茂雄・終身名誉監督の強力な後押しもありバットを置いて監督に。読売グループ主導の人事は、現場の意向が反映されず、指導者の経験がなかった高橋を「クリーンで客の呼べる監督」として、半ば強引に監督の座に置いた。

 高橋監督の就任1年目の2016年シーズンは、首位広島に17.5ゲーム差をつけられての2位。翌シーズンは4位に沈み、今季は10月3日現在、3位につけCS進出に望みをつなぐも4位DeNAとはわずか0.5ゲーム差とBクラス転落の危機にある。

 3年契約の最終年で結果を出せずにいた高橋監督だったが、球団は先手を打って9月12日に早くも山口寿一オーナーが来季以降の続投を要請する意向を示した。シーズン終了後に正式に続投要請を行う手はずだったが、球団の思惑通りには事は運ばなかった。

 高橋監督の「辞任」は、球団の想定外だったのだろう。巨人の試合がない3日に山口オーナーが高橋監督の辞意をメディアに明かしたが、これは異例とも言える出来事だ。CS進出をかけてチームが戦っている真っただ中、高橋監督、選手への配慮に欠けるオーナーの発言は、球団の混乱ぶりを如実に物語っている。

今までの英語教材では伝わらない
サウンドイングリッシュ 他言語学者が驚愕した英語リズムの詳細はこちら
ネイティブにアメリカに住んだことがないのと間違えられてしまう英語リズム!たった3ヶ月間で!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク