あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

相次ぐ児童虐待死受け「厳罰化」浮上 自民若手が再発防止策めぐり賛否(FNN PRIME)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

相次ぐ児童虐待死受け「厳罰化」浮上  自民若手が再発防止策めぐり賛否
[元記事]
「もうおねがい ゆるして ゆるしてください」
昨年3月、東京・目黒区で亡くなった船戸結愛ちゃん(5)が遺したノートに綴られていた、あまりに辛い内容。父親と母親は、結愛ちゃんに十分な食事を与えず暴行を加え、結愛ちゃんは低栄養状態などで起きた肺炎による敗血症で死亡し、将来を奪われた。【写真】相次ぐ虐待による子供質の死に打つ手はあるのかまた今年1月には、千葉県野田市の栗原心愛さん(10)が父親から暴行などの虐待を受けた末に亡くなった。心愛ちゃんは一時、児童相談所に保護されたものの、父親に「お父さんにたたかれたのはウソ」という手紙を書かされ、去年3月に保護が一旦解除されていた。保護の解除以降、児童相談所は一度も面会に訪れなかったという。これらのあまりにも惨い虐待事件の未然防止に向け、永田町では様々な動きが活発化している。

2月26日朝、自民党の石崎徹衆院議員の呼びかけで3期生以下の若手議員による「児童虐待罪の創設と厳罰化」に向けて検討する勉強会の初会合が開かれ、約20人の議員が出席した。
児童虐待対策を巡っては、既に超党派の議員連盟などが存在するが、この若手の会合では“厳罰化”による虐待根絶に特化する形で差別化をはかっている。
冒頭、石崎氏は「14年間で727人の子供が虐待死によって亡くなっている。かなり長期間にわたって暴行を受け拷問のような形で殺されている子供がいる」と指摘した
その上で石崎氏は虐待加害者について「どんな刑を受けてきたのか、平成に入ってから死刑判決1件、無期懲役判決が2件、懲役30年が1件で、非常に重い刑罰はあまりかかっていない」と指摘し、児童虐待罪を創設し「厳罰化したい」と明言した。
これをめぐって、出席議員からは、以下のような賛成論があがった。
「飲酒運転がなくなった(減った)背景には、危険運転致死罪があるので、ある程度の厳罰化は大事」
「危険運転致死罪の時も、ああいう法律を作ることで社会規範が変わる流れもある。それが虐待を抑止する力にもなる」
重大事故を引き起こし社会問題となっていた自動車の飲酒運転が、「危険運転致死傷罪」の創設や飲酒運転の罰則強化によって、大幅に減少したのを先例に、厳罰化によって虐待を抑止できるという考え方だ。一方で出席者からは、以下のような慎重論も出た。
「法律を作ればそれで虐待防止できるわけではない。下手に児童虐待防止罪を作って、本来傷害罪とかで裁かないといけないのに虐待罪で軽い罪になったら良くない」
「離婚率が上がり母子家庭も増えている中で規範とか風土、しつけの概念が曖昧になっている。厳罰化されない社会を作ることも基本だ」
「親子関係を修復したいという人もいるかもしれないからそこは考慮しないといけない」

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク