あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

(山腰修三のメディア私評)統計の軽視 「データめぐる政治」批判的視点を(朝日新聞デジタル)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

「茶髪」にざわついた、あの頃の日本 裁判沙汰、メダルはくだつも 「黒髪信仰」はコンプレックス?
[元記事]
 厚生労働省の毎月勤労統計の調査手法の不正に端を発した一連の問題は、今国会の一大争点へと発展した。新聞などのニュースメディアも1月ごろから連日のように大きく扱い、不正の経緯と責任を厳しく追及している。
 一連の記事の中で、2019年1月28日付日本経済新聞の「経済教室」における神林龍・一橋大学教授の議論が気になった。この論説では、問題の要因として「政策立案者も政策遂行者も研究者も、統計作成を軽視するようになってきた」ことが挙げられている。
 ここに、データの重視と統計の軽視という矛盾した状況を見て取れる。「データ」は現代の経済成長や社会の変化を語るキーワードである。…… 本文:2,310文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク