スポンサードリンク

経費申請の自己負担経験ありは45%、マネーフォワードの調査(アスキー)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

経費申請の自己負担経験ありは45%、マネーフォワードの調査
[元記事]
マネーフォワードの調査によると、経費申請の自己負担の経験があるのは45%。経費を自己負担することがある人の月額の平均自己負担金額は4764円とわかった。【もっと写真を見る】

 マネーフォワードは2月22日、「マネーフォワード ME」の利用者を対象に実施した、経費精算に関するアンケート調査の結果を発表した。調査時期は2018年11月13日~2018年11月18日で、調査対象はマネーフォワード MEの利用者2572人。調査手法はインターネットを利用したアンケート調査。
 
経費申請の自己負担経験ありは45%
 経費申請をせずに自己負担したことがあるか聞くと、「ある」は45%、「ない」は55%。
 
 経費を自己負担することがある人の月額の平均自己負担金額は4764円とわかった。
 
 経費を自己負担する理由を聞くと、1位は「経費申請をするのが面倒だから」、2位は「自己負担しても支障がない金額だから」、3位は「経費申請に時間がかかるから」、4位は「申請を忘れてしまうから」、5位は「経費申請まで手が回らないから」だった。
 
定時時間外に経費申請経験ありは59%
 経費申請を定時時間外にしたことがあるか聞くと、「ある」は59%、「ない」は41%。
 
 定時時間外に申請する場合の方法を聞くと、「会社で残業して行なっている」は58%、「自宅など社外で行なっている」は22%、「休憩時間を利用して行なっている」は17%、「その他」は2%、「休日出勤して行なっている」は1%。
 
経費精算をわずらわしいと思う人は73%
 経費精算をわずらわしいと思うか聞くと、「思う」は73%、「どちらともいえない」は16%、「思わない」は11%。
 
 経費精算で面倒だと感じる作業を聞くと、1位は「レシートや領収書の転記、データ入力作業」、2位は「レシートや領収書の保管・管理・貼り付け作業」、3位は「訪問先までの経路入力や運賃計算」だった。
 
領収書は「紙の領収書を台帳に貼って提出」が71%
 勤務先の経費精算の方法を聞くと、「手書き・表計算ソフト」は55%、「会社が導入しているシステムを利用(インストール型)」は23%、「自社開発のシステムを利用」は15%、「会社が導入しているシステムを利用(クラウド型)」は6%、「アシスタントや経理担当が全て行なっている」は1%。
 
 領収書の提出方法を聞くと、「紙の領収書を台帳に貼って提出」は71%、「紙と領収書と、電子発行のものはデータで提出」は18%、「全て電子データで提出」は5%、「提出していない」は4%、「その他」は2%だった。
 
 
文● ラモス/ASCII

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク