あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

「機長が元オセロ王者」、ANAの配慮だった 帰国把握で事前に手配(J-CASTニュース)

スポンサードリンク

[ 元の記事 ]
出典元: 団体戦では14年連続優勝(日本オセロ連盟の公式サイトより)

弱冠11歳にしてオセロ世界王者に輝いた福地啓介さんに、思わぬサプライズだ。

 2018年10月9日~12日にチェコの首都・プラハで行われた第42回世界オセロ選手権が終了した後、帰国する日本選手団を乗せた飛行機の機長を務めていたのは、1982年の同大会で優勝した谷田邦彦さん(当時15歳)だった。

■「大幅な更新でございます。大変な快挙でございます」

 機内の様子は、今年の日本選手団のメンバーで、09年・10年・12年・15年・17年の世界チャンピオンである高梨悠介さんが、自身のツイッターに動画で投稿した。

 谷田機長は離陸前のアナウンスに続いて、世界オセロ選手権がプラハで行われていたことを報告。「(同大会の)世界チャンピオンをこの飛行機にご利用いただいてます」と、福地さんの搭乗を明かした。

  「今回のチャンピオン、最年少優勝記録11歳という快挙でございます。このお話をぜひお客様ともシェアしたく、少々お時間をいただきました。実を申しますと、以前の記録は私自身が、1982年に打ち立てた15歳という記録、今回大幅な更新でございます。大変な快挙でございます」

  「また、女子世界チャンピオンにもご搭乗いただいております。なお、団体戦、日本は14年連続優勝で、オセロの世界で日本は大変有名でございます。併せてご紹介いたします」

 動画では機内の様子は見えないが、周囲からは拍手の音が聞こえ、祝福のムードが伺える。

今までの英語教材では伝わらない
サウンドイングリッシュ 他言語学者が驚愕した英語リズムの詳細はこちら
ネイティブにアメリカに住んだことがないのと間違えられてしまう英語リズム!たった3ヶ月間で!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク