あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

そろそろ就活を始める現役大学生へ─ 社会に出ていくために必要な「5つの武器」(BuzzFeed Japan)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

そろそろ就活を始める現役大学生へ─ 社会に出ていくために必要な「5つの武器」
[元記事]
社会に出る前の学生だからこそできること、考えておきたいこと。慶應義塾大学大学院の特任助教として、学生たちにこれからの働き方や生き方を伝えている正能茉優さんに、学生時代に身につけておきたい「5つの武器」を解説していただく。

周りがやっているから、やらなければならないから、という理由で、なんとなく就職活動を始め、なんとなく内定をもらい、なんとなく社会に出る…。この「なんとなく」の積み重ねでついた仕事は、自分が本当にやりたいことなのか。こんな疑問を抱きながら、仕事をし続けるのはとても悲しいことだ。
親は保守的、学校の先生もあてにならない、一緒に就活をしている同期だってビクビクしている。そんなとき「実際に働いている、ちょっとだけ先輩」にアドバイスをもらえたら。
そこで今回、地方にある商材のパッケージをかわいくプロデュースし、配信・販売する会社「ハピキラFACTORY」を大学時代に創業し、現在は大手電機メーカーでも働く正能茉優さんにお話を伺った。現在は、自身の経験を活かしながら、慶應義塾大学大学院の特任助教として、学生たちにこれからの働き方や生き方を伝えている。

すべては、小布施から始まった。
2010年、大学1年生だった正能茉優さんは、長野県で面積が一番小さな町、小布施町へと向かった。当時の小布施では、学生とともにまちづくりについて考える「まちづくりインターンシップ」なるイベントが開催されており、正能さんは大学の先生の紹介でそこに参加してみることにした。
「無料で長野に2週間滞在できると聞いて、行ってみようかなという軽い気持ちで参加しました」
小学生の頃から新聞記者を目指していた正能さんだが、この小布施のまちづくりインターンシップに携わったことをきっかけに、地方という場所に興味を持ち始めた。
「小布施に行くまでは、有名な大学を出て、有名な会社に入って、いい暮らしをすることが『幸せ』なんだと思っていました。でも、小布施の人たちと仲良くなる中で、『豊かさ』には種類があると気づいたんです。私が目指していたのは物質的な豊かさだったけれど、小布施の人たちのように精神的な豊かさのある暮らしを、心から素敵だなと羨ましく思うようになりました」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク