スポンサードリンク

【スーパーフォーミュラ第1戦・鈴鹿プレビュー】新車SF19導入でコースレコード合戦のシーズンに(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

【スーパーフォーミュラ第1戦・鈴鹿プレビュー】新車SF19導入でコースレコード合戦のシーズンに
[元記事]
「全日本スーパーフォーミュラ選手権」が今季もいよいよ開幕します。2019年シーズンの開幕の舞台は鈴鹿サーキットの「NGKスパークプラグ・鈴鹿2&4レース」で、4月20日(土)?21日(日)に開催される予選、決勝の模様をJ SPORTSでは生中継でお送りします。昨年まではサーキット場内実況、BSフジの放送と連動した形でしたが、今季から決勝レースがBSフジとの連動となり、開幕戦はF1のテレビ中継でもおなじみだった塩原常夫アナウンサーが実況を担当します。

さて、今季の話題はなんと言っても新車「SF19」の登場でしょう。2014年から導入され、「Quick & Light(素早い運動性能と軽量化)」をコンセプトとしたイタリアのダラーラが製作した車体「SF14」に代わって、同じくダラーラ製作のニューマシン「SF19」へと進化を遂げることになりました。エンジンはトヨタとホンダが2000ccの直列4気筒直噴ターボエンジンを供給します。

今季から導入される「SF19」は先代の「SF14」と共通部分も多い車体となりますが、さらに攻め込まれた空力でダウンフォースが増加しています。これによってコーナリングスピードがまた一段と強烈なマシンへと進化しました。そして、横浜ゴムが供給するタイヤもフロントタイヤの幅が20mm広くなりましたから、さらにグリップ力が増した「SF19」は非常に高い運動性能を得ることになります。

事前のテストでも走り出してすぐに前年のタイムに近づくほどの速さを見せていますから、間違いなくコースレコード(サーキットの最速タイム記録)が更新されることになるでしょう。鈴鹿のコースレコードは1分35秒907(2017年、中嶋一貴)ですが、3月のテストでは9人のドライバーが36秒台の好タイムをマークしていますから、35秒台前半を争う予選アタック合戦になってくるのではないでしょうか。「SF19」は先代モデルを1秒?1.5秒は上回るポテンシャルを見せてくれそうです。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク