あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

「天声人語 2019年4月9日」(朝日新聞デジタル)

スポンサードリンク

わが子と毎日登校…障害児の就学で感じた「親の責任」 「地域の人に認めてもらうまで10年かかった」人も
[元記事]
 政治家の迷言は数あれど、これは横綱級であろう。20年近く前、無党派層について当時の森喜朗首相が口にした。「(選挙に)関心がないといって寝てしまってくれれば、それでいいんですけれど……」▼投票を棄権してくれた方がありがたい。そうとしか聞こえない発言は世の批判を浴びた。無党派の票が野党に流れないかと、自民党が常に気をもんでいた時代である。さて今回の統一地方選前半。誰に言われずとも、有権者が「寝て」いるしかない地域が多かったようだ▼41道府県議選で4割の選挙区が無投票になった。定数を上回って立候補する人がいなかったためで、議員の4人に1人が選挙なしに当選した。…… 本文:607文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク