あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

(文化の扉)美術系大学、育む創造力 時代とともに広がる専攻、社会を生き抜く力に(朝日新聞デジタル)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

(文化の扉)美術系大学、育む創造力 時代とともに広がる専攻、社会を生き抜く力に
[元記事]
 「芸大」「美大」と聞くと、どんな場所をイメージするだろう。アーティストを目指す人が集う大学? 天才じゃないと入れない? 卒業しても食っていけない……? 新学期が始まる4月に合わせ、芸大・美大の今を取材した。
 5浪、6浪も当たり前。志願倍率は数十倍。東京芸術大学をはじめとする難関の美術系大学は、かつてはかなりの狭き門だった。だが、近年は少子化の影響もあって、受験者数は減る傾向にある。
 東京芸大の油画専攻の場合、2008年度の倍率は28・9倍だが、18年度は18・7倍。美術学部全体でも18・0倍から12・5倍へと下がった。…… 本文:1,991文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク