あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

“お妃候補”から皇后へ…陛下と雅子さまの強い絆 知られざるテニス秘話(FNN.jpプライムオンライン)

スポンサードリンク

“お妃候補”から皇后へ…陛下と雅子さまの強い絆  知られざるテニス秘話
[元記事]
5月1日午前10時40分すぎ、皇室の未来を照らしているかのような和やかな表情で沿道に集まった人々の歓声に応え、赤坂御所から皇居へ向かわれた皇后雅子さま。【画像】出会いからご成婚、即位まで お二人の歩み天皇皇后両陛下の結婚の儀は、26年前の1993年6月に行われた。お二人の出会いから7年が経っていた。

アメリカのハーバード大学を卒業後、東京大学在学中に外交官試験に合格された雅子さまは、1989年にアメリカ通商代表部との会談で通訳を担当されるなど、外務省にとって将来が期待される逸材だった。
1986年、スペインのエレナ王女来日の際のパーティーで出会われたお二人。雅子さまはその後、お妃候補として注目される存在となる。
しかし、過熱する取材に対して1989年9月、留学先のロンドンで「とにかく私は、そのお妃問題というのには関係してないと思っておりますので」と述べられた。外交官として仕事を続けたいという強い意志を表明されたのだ。
これにより、お妃候補からは消えたかと思われたが、陛下は雅子さまへの一途な思いを持ち続けていたという。そして、その思いは雅子さまの心に届き、1993年1月に婚約会見が開かれた。
陛下:
千葉の鴨場でもって、雅子さんのほうに「わたくしと結婚していただけますか?」というようなことを申しました。
雅子さま:
「雅子さんのことは僕が一生全力でお守りしますから」というふうにおっしゃってくださいました。
「一生全力で守る」という誓いを守り、陛下は時に自ら矢面にも立たれた。適応障害と診断され公務からも遠ざかっていた雅子さまについて、2004年5月には次のように述べられた。
陛下:
それまでの雅子のキャリアやそのことに基づいた雅子の人格を否定するような動きがあったことも事実です。
批判を恐れず、雅子さまを守られる陛下の姿勢は今も変わっていない。
新たに天皇・皇后両陛下として歩まれるお二人の今を、テニスを通して交流してきた元プロテニスプレーヤーの佐藤直子さんが語った。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク