あなたの英語学習方法ではネイティブに伝わらない。
ネイティブに間違えられてしまう方法。それは英語リズム
スポンサードリンク

仏屈指の救助隊来日 捜索を取材 ベロンさん不明10カ月(FNN.jpプライムオンライン)

スポンサードリンク

[元記事]
およそ10カ月前、2018年7月に栃木・日光市を観光で訪れたまま行方不明になっているフランス人女性、ティフェヌ・ベロンさん。
その身に一体何があったのか。
家族は手がかりを求めて、フランスからある専門家チームを引き連れ、来日した。
5月8日、成田空港に到着したのは、フランスの民間救助会社マウンテンメディックイベンツ社の救助隊。
年間でおよそ900件の捜索や救助を請け負い、アルプス山脈やサハラ砂漠などでも活動する、救助・捜索のスペシャリスト。
彼らの来日の目的とは。
ベロンさんの妹・シビルさん「今回は、何としてでも姉の手掛かりになるものを見つけたい」
救助隊を依頼したのは、フランス人のシビルさん。
2018年7月、姉のベロンさんが観光目的で栃木・日光市に滞在し、宿泊先に荷物やパスポートを残したまま、行方不明に。
警察が河川や山を捜索したものの、今も全く手がかりは得られていない。
なんとかベロンさんの手がかりを得られないか。
家族はフランス有数の捜索チームを雇い、現場を訪れた。
到着翌日の朝、救助隊は早速、捜索の準備を始めた。
隊員は突然、急流の鬼怒川に飛び込み、泳ぎ始めた。
そして、中州に上陸するなどして、遺留品の捜索に乗り出した。
救助隊チーフのレミ・ドゥビダルさん「川の水位が低いので、捜索には向いている時期。この場所は堆積物がたまる場所。見つけたものを家族に見せ、ベロンさんに関連するものがあるか見てもらう」
宿泊先を出てから、消息がわかっていないベロンさん。
家族が川の捜索を依頼したのには、理由があった。
ベロンさんの兄・ダミアンさん「できるだけ、川でいなくなった可能性を排除したい。川で何も見つからなければ、彼女がどこかで生きていると考えられるから」
この日の捜索で、救助隊は、靴下や衣類の一部を発見した。
救助隊チーフ・レミさん「(ベロンさんの服は)色とカットがこんな感じだそうだ」
シビルさん「でも、この布は硬すぎるわ」
レミさん「でも正直わからないだろう?」
残念ながら、この日見つかったものには、ベロンさんの所持品は含まれていなかった。
この日の捜索は、フランスのテレビ局も取材していた。
フランステレビジョンのアントワンヌ・モレル記者「日本の警察が、どのように不明者の捜査をしているか知りたい。フランスの人々に説明する必要があります。なぜならフランスでは皆、ベロンさんについて心配している」
捜索は16日まで行い、家族はその結果をふまえて、フランス警察に、日仏合同での捜査を働きかけたいと話している。
栃木県警は引き続き、事件と事故の両面でベロンさんを捜すとともに、情報提供を呼びかけている。
情報提供は、「日光警察署(0288-53-0110)」まで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク